モネの池 〜 美濃 うだつの町並み *岐阜県*

Category : 信州への旅
20170423193753cc3.jpg

以前、何かでこのモネの池の存在を知って、きれいだな〜!、見に行きたいな〜!と思っていました。

場所が岐阜の関市、なかなか行きにくそうな場所だったので、難しそうだなと思い忘れていました。

去年の秋、車出すから行こうよとお誘いいただきました。

私が好きそうだと思ったそう。嬉しい💕

春になったら行こうということで、実現しました。


20170423193755095.jpg


確かに、水が澄んでる!

透明度が高いっ!

モネの絵画『睡蓮』みたいに美しいから というのも納得。

睡蓮はまだ咲いていないけど(^^)


2017042319375628a.jpg


金色の鯉、純白の鯉 が美しくって、目で追っちゃう(笑

桜の花びらや葉っぱが池に浮かんでたけれど、それも季節っぽさでいいのかなぁ と。


20170423193758296.jpg


この池、実は鳥居の向こうにある小さな池です。

これを見つけた人すごい!

鳥居の下には「ほたるの里」という看板もあり、やはり水がキレイな場所にはホタルもいるんだなぁ となんだか納得。


201704231937594dd.jpg


今年は週末のお天気がいまいちで、まともにお花見はしてませんが、来るまでの道には山桜が咲いていて楽しめました。

この鳥居の横にも桜がありました。


20170423193801e59.jpg

道から見える風景。

「モネの池」という大きな看板があるし、駐車場も第三駐車場まであるらしい・・・

でも人がたかってなかったら、普通の田園風景。


2017042319380380e.jpg


駐車場の奥には長良川。

この川がまたきれいすぎる!!!

清流 という言葉がぴったり。


20170423193804796.jpg

河原には角のとれた丸みのある石がごろごろ。

すべすべで丸くって、太陽の熱であったまっていて、握っているだけで癒される。

1個持って帰ろう。 用途はこちら → 以前のブログ

いろんな色が入っている石や水晶成分と思われる石達。

見ているだけでも楽しい。

2017042319380576a.jpg

帰り道の途中、美濃和紙の里会館に立ち寄りました。

紙製品でできたお部屋提案がとってもおもしろかった♪

夢宙屋さんの展示がステキだった~ → 夢宙屋さんのHP

特に「羅針盤」という作品が曼荼羅みたいで、いいなぁと思いました。



20170423193807f9d.jpg

道の駅「にわか茶屋」で鮎のひつまぶしランチ。

本当は岐阜に行ったら飛騨牛ランチ!と思っていたのだけれど、川をずっと見ている間に口が鮎になってしまっていました。


20170423193808016.jpg

その後は、美濃の「うだつの上がる町並み」へ。

手造 らんたんや さんで 実際に和紙を使ったあかりの製作を見学させていただきました。

手造りへのこだわりと、家族みんなでのアイデアで作られたあかり達。

本物の和紙を使って作っているというプライドを感じました。


2017042319381059d.jpg

うだつがしっかりあります。

この「茶房とみや」さんでお茶タイム。


20170423211405034.jpg


お抹茶と生菓子を。。。


2017042319390848c.jpg

ギャラリーでもある山田家住宅を見学。

家の中に塔がある。。。

なんだろう?


20170423193910ef6.jpg


味の素・天ぷら油という看板が目をひく、実はスイーツショップ(笑

素敵な町並み、小一時間ほど楽しめる美濃和紙の町並みでした。

あぁ楽しかった~。

ことりっぷな一日。


20170423212214a83.jpg

CITTA手帳のワクワクリスト 今日も1個達成しました。

去年の秋、「モネの池」のお誘いいただいたので、今年のはじめにワクワクリストに記入。

春になる頃、「いつ行く?」と日程決め♪ これも行動力の一つかな? 


にほんブログ村









テーマ : 岐阜県
ジャンル : 地域情報

下諏訪ぶらり 御柱のある諏訪大社下社 *長野県 下諏訪*

Category : 信州への旅

20160813180222b43.jpg

蓼科山登山(blog)の後、大阪へ帰るバスを待つ間に下諏訪へやって来ました。

下諏訪駅には、『御柱祭』のいろいろなものが!!!

駅のホームには、前回の御柱が飾られていました。


20160813180224098.jpg


そして、駅の改札を出ると、長野オリンピックの時に建てられた御柱が!!!

御柱が建てられている諏訪大社は茅野の上社2社(諏訪大社上社本宮・諏訪大社上社前宮)と下諏訪の下社(諏訪大社下社春宮・諏訪大社下社秋宮)があり、茅野の方は駅から遠いので、駅から近い下諏訪にやってきたのです。

前回の御柱祭の時だったか、テレビで木落としの場面を見て、なんだか分からないすごい衝撃を受けたことをを覚えています。

だから、たまたま時間つぶしに来てこの御柱のある諏訪大社へ来ることができて、テンションが上がる上がる(((o(*゚▽゚*)o)))


20160813180225de2.jpg

駅の改札には、岡本太郎氏絶賛の『万治の石仏』のレプリカ。

いろいろあります。

駅前にある観光案内所でいろいろ聞いて、レンタサイクル(電動自動車がおすすめ)があることを知りました。

これで行きたいところ、たべたいものが行けそう! やった~!!!

まずは諏訪湖名物のうなぎ・うな富さんへ行きランチ! →blog



20160813180227df0.jpg

まずは駅に近い方の「下社秋宮」へ。


20160813180228c9e.jpg

立派な神社。


201608131802447a0.jpg

そして立派なしめ縄。


201608131802460b4.jpg

いろんな武具が置かれていました。


20160813180309178.jpg

神紋が気になって、ボランティアガイドの方に、何のモチーフなのかをお聞きすると、

「梶の葉」とのこと。

上社が四根の梶、下社は五根の梶なんだそうです。


201608131803100f4.jpg

で、実際の梶の葉がこちら。

社の敷地内に後から植えられたそうです。


そして、そして、

20160813180248fee.jpg

こちらが御柱!!!

秋宮一ノ御柱 です。

御柱は各社に4本ずつ、社殿を囲むように配置されているそうで、一ノ御柱が一番大きく、二・三・四 と続くそうです。

カメラに収まりきらない、高さ!!!


20160813180249597.jpg

7年に1度の御柱祭。

今年がまさにその年だったそうで、4月に木落としされ、地面とのまさつの跡がこちら。

この跡が貴重なんだから、触っとき!とボランティアガイドさんに言っていただきました。


20160813180251b25.jpg

そしてこちらが、二ノ御柱。

ボランティアガイドさんに、なぜ7年に一度なのか? 寅と申の年・・・6年に一度じゃない?とか、いろいろお聞きし、織田信長が武田氏を攻めた時に、それまでの書籍が焼かれてしまって記録がないことなど、お聞きしました。

歴史ってこういうところに出てくるのね~。


20160813180312a37.jpg

御柱は先がとがっているんですが、その削った柱をいただきました♪♪♪

うぉ~、お家の神棚的なところに飾っておこう。


20160813180313517.jpg

秋宮の横にある池のある公園がとてもキレイでした☆☆☆

自転車に乗って、次は春宮を目指します。


201608131803155bc.jpg

その途中で、龍の口という水場へ。

もっと冷たいお水を想像していたのですが、けっこうぬるかった!!!


20160813180327d13.jpg

そして、下社春宮へ到着。


20160813180329d8a.jpg

春宮ではちょうど催事中でした。

というのも、8/1(明日)は神様が春宮から秋宮へお引っ越しなさるそうで、その宵日だったんです。

こんなタイミングで来れたのもすごい。


20160813180331c44.jpg

こちらがそのお引っ越しのための御船。 御船祭!


201608132031115fa.jpg

春宮の一ノ御柱です。


201608131803328d5.jpg

こちら!!!


20160813180333227.jpg

地面との摩擦で削れた跡が模様のように美しいです。


20160813180347982.jpg

春宮を出ようとすると、こんな集団が・・・

宵祭りには氏子による長持ち、神輿等のパレードが華やかに行われます。 だそうです。



20160813180348563.jpg

そして下諏訪宿に行きました。

展示などがしてあるのかなぁと思って入ってみると


20160813180350e11.jpg

手作りっぽい色あざやかなリボンの金魚達。

そして、まるで田舎のおばあちゃん家みたいなお部屋に案内していただき、

20160813180351406.jpg

冷たい麦茶と、酢の物・お菓子などをいただきました。

凍らせた干柿が最高においしかった~♪♪♪

こんなおもてなしをしていただけるなんて・・・ まったり。

ありがとうございます♪

このあたりでタイムアップ。

バスの時間が近づいてきたのでレンタサイクルをお返しし、荷物を取りに行きました。

今回は山登りよりも下諏訪が印象的になってしまいました。


にほんブログ村



テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

うな富 ~諏訪湖の名物・うなぎを~ *長野県 下諏訪町*

Category : 信州への旅
うな富


土曜の丑の日 の翌日、期せずしてウナギを食べる機会に恵まれました。

前日蓼科山へ行き、山から下りて来ましたが、大阪へ帰るバスの時間までか~な~り時間があったので、下諏訪へやってきました。

そこで出会った、諏訪湖の名物・うなぎです♪


うな富



下諏訪駅にある観光案内所でいろいろ教えてもらい、レンタサイクルを借りて、町中の住宅地の中、小さな路地にある「うな富」さんへやって来ました。


うな富


メニューは蒲焼・白焼き・うな丼(得上=一匹、上=3切、並=2切)でした。

うな丼 並 1900円にしました。

まずはお飲み物とつきだし。

そして・・・


うな富



2000円以下で食べることのできるうな丼定食~♪

トマトの酢漬けが登山の疲労をとってくれそうな、美味しさ。

うなぎは、肉厚~! ふっくら~!!!

皮の部分はパリッと香ばしいし。

体力回復させてくれそうな、う・な・ぎ♪♪♪

美味しかった~。

ごちそうさまでした♪


・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
うな富
住所:長野県諏訪郡下諏訪町緑町260
TEL:0266-28-2794
最寄駅:下諏訪駅



にほんブログ村



テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

蓼科山 ゆる登山  *長野県 茅野市*

Category : 信州への旅
一年一山。

今年は蓼科山登山です。

7時 茅野駅集合。

車に乗せてもらい、朝7時半オープンのパンやさん、パパゲーノさんにて朝食のパンを購入。

できたてのホックホクのサツマイモ・クルミパンを食べました。

あったかくて美味しかった〜!

できたて、最高❤️


20160731192417d36.jpg


一番楽なコースらしい、七合目登山口より登ります。

とはいえ体力がないので、ちょっとドキドキ(^^;;


20160731192418c6a.jpg

登山口が鳥居!

9時に出発。


201607311924191b5.jpg

こんな道や


201607311924205d7.jpg

こんな道や


20160731192422475.jpg

こんな道をてくてく登り、


20160731192438c66.jpg

何度も休憩しながら


20160731192440bd1.jpg

たまには苔に癒されて


20160731192439559.jpg

1時間20分のコースを2時間かけてゆっくり登りました。

すると〜


2016073119244290e.jpg

11時、将軍平の蓼科山荘に到着〜!

本日のお宿はこちら(*^^*)

ホットレモンティをご馳走になりました。

美味しい〜✨ (○オンの粉レモンティがこんなにおいしいと思える、山マジック!)

そして、こちらでおにぎりを食べて腹ごしらえ。



20160731192443d53.jpg

ここからは岩登り。

だんだん傾斜がきつくなるので、2足歩行から4足歩行に変更。


201608021216437f8.jpg

上がっていくと、周りの景色が綺麗に見えてくる!


20160731192505663.jpg

40分コースを1時間くらいかけて、ゆっくり登りました。


20160731192506ea0.jpg

すると、蓼科山頂ヒュッテに到着。

ヒュッテを通り過ぎ、山頂へ。


20160731192507ce2.jpg

山頂は円状の岩ゴロゴロ地。

浅〜いすり鉢状でした。


201607311925088b8.jpg

神社にもお参りしました。

それにしても、あっつい!

登ってきた暑さもなかなか引かず、高度が高いのに半袖でもいいぐらいの暑さでした。

曇り空がちょうどいい。

陽が出ると、汗ダラダラ、あっつ〜!となります。

山頂ヒュッテでは挽いた珈琲をいただけるそうで、楽しみにしていたのだけれど、ホットコーヒーを飲む気分には全くなれず、断念。


20160731192523f89.jpg

さて、山を降ります。

山頂ヒュッテで泊まりたかったんだけど混雑していたそうなので、将軍平蓼科山荘に泊まることにしたんです。


20160731192525f10.jpg

山頂から見ると、山荘ははるか下。ちっちゃい。

そして、山荘から見る山荘


2016073119252683a.jpg

さて、下山したら2時ぐらい。

まずはテラス席でまったり。


2016073119252709f.jpg

長門牧場のソフトクリーム入りどら焼〜!

スイーツを食べたり


20160805002550f1b.jpg

ビールを飲んだり。


《ビール写真はunaちゃんの写真をお借りしました》



20160731192529d42.jpg

苔を愛でたり。

この木に生えている苔、坊主頭よりソフトな触り心地(*^^*)


2016073119254943d.jpg

18時からの夜ご飯。

待ってました!

山で食べるごはんってなんでこんなに美味しいんだろ?


20160731192550e7e.jpg

夕暮れ時。

そして、満天の星空、綺麗だった〜✨

60代〜80代の団体様の方々とおしゃべり。

みなさんパワフルでバイタリティーがすごい!

こういうパワフルなご年配の方々とお話させてもらうと、がんばろうって思う。

山の植物のことをいろいろ教えていただきました。

別の若いグループの子達は山の上でポケモンを見つけたんだとか(^^;;

ポケモンもいいけど、木のこと、植物のこと、きのこのこと、虫のことも面白い。


201608062002271d0.jpg

お宿はステンドグラスが素敵!

寝る前に外を見ていると、光が何回か見えました。

メガネなかったのでよく分からなかったんだけど、後日花火だったと聞きました。

ちゃんと見たらよかったな(´・_・`)



20160731192554fb2.jpg

朝4時起床。

4時15分ごろから登り始め、ご来光の見える高さまで登りました。

昨夜おしゃべりしたご年配のお母さんが『私も御来光連れてって〜』と一緒に行くことになったけど、登るの一番早い!!!

さすが、百名山全制覇のお母さん。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。  日本百名山改版 [ 深田久弥 ]


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。  日本百名山登山ガイド(下) [ 山と渓谷社 ]


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。  日本百名山登山ガイド(下) [ 山と渓谷社 ] 


20160731192558db2.jpg

5時前の日の出に間に合いました(*^^*)

美しい〜!

あ〜、幸せ❤️


201608050025523e1.jpg

山小屋辺りから私達を撮ってくれた写真、いただきました。

まさか、こんなの撮られてたとは^_^

《hさんの写真お借りしてます》


20160731192634c59.jpg

山を降りたら、朝ごはん❤️

朝から登って降りてきたから、お腹空いてる〜!

お味噌汁が優しい。

そしてとろろごはん!

朝イチで山を登って降りたので、この山荘が山の中腹にあることを忘れていた!

この後山を下らなきゃいけませんでした!



2016073119262611c.jpg

登山口まで降りてから、車で戻ります!

白樺湖、キラキラ!きれい。

日帰り温泉に入らせてもらってからの〜


20160731192626d1b.jpg

牧場ソフトクリーム!

おっいし〜!!!

体力なくなってるのを感じたけど、やっぱ山は楽しいな〜って思いも再確認!

今年もう一回ぐらい行けるかな?

富士山にはいつ行けるかなぁ?


2016081320311042f.jpg

その翌週、職場の新人君が富士山登山のお土産をくれました。

デジャヴュ??

去年も登山の後、職場で富士山土産もらったなぁ。 

→ 2014年 唐松岳登山 
→ 2015年 立山雄山登山



にほんブログ村





テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

室堂~天狗平~弥陀ガ原 ハイキング *富山県 室堂*

Category : 信州への旅
こんにちは。
今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます(*^_^*)

シルバーウィークの室堂。

雄山登山の翌朝です。

起きたら筋肉痛の朝です(^^;;





室堂山荘で見る朝陽。

そして朝食です。





昨日の高山病による頭痛は朝起きるときれいさっぱりなくなっていました。
真夜中にやったアサナ(ヨガのポーズ)とプラナヤーマ(ヨガの呼吸)のおかげかな?と思うとすごい事です。

朝食後、足の準備法やパシモタナアサナをしました。
シルシアサナもしてみました。

本当は食べる前にしなきゃいけないんだけど、相部屋だから他の人がまだ寝てる時にはさすがにできなくて(^^;;

朝食後だったせいかいつもより身体が重かったのですが、シルシアサナをしたら偏っていた疲れがとれて身体がふわっと軽くなりました。

さ、これで今日も準備万端です。





山小屋の方や、室堂駅の方のアドバイスをいただいて、ハイキングコースを決定。

途中鎖場があると言われましたが、昨日登山をすませたもので甘く見てました、このコース。





室堂駅の方々もみなさん親切で、いろいろ教えてくださいました。

感謝!





湧き水を汲んで、準備オッケー。






雷鳥沢方面でなく、天狗平方面へ。

→このコースです。

室堂からチングルマコースで天狗平へ、その後は天狗平・弥陀ガ原コースを行きました。

このコース別難易度を見て驚き!

・雄山登山コース 難易度4
・天狗平・弥陀ガ原コース 難易度4

そうなんですよね〜。甘く見てたんですよね〜。






とはいえ、しばらくはチングルマコース。

景色を楽しみながらのハイキングです。





歩いていると、外国にいるような気持ちになりました。

例えば、赤毛のアンの世界の秋だったり、嵐が丘だったり。

こんなんだかどんなんだか知らないけれど、頭に浮かんだんです。

全然違ったらごめんなさい(^^;;





道も整備されているので、軽いハイキングとしては最適だと思います(^O^)/






秋 ですね〜。






天狗平山荘からは二つのコースがあります。

改修中の山荘横から出ている小道へ。





葉っぱのトンネルの整備された道を下っていきます。






建物が遠くにぽつーんと見えるので、あそこを目指しているのかな?なんて思っていましたが、方向的にはどうも違う。

行き先はまだ見えないようです。






人がほとんど通っていないので、朝露も残っていました。






黄色い湿地の中の小道を歩く。





そんなゆるやかな道がずっと続くのだろうと油断していた矢先に、






まさかの超急な鎖場出現!

角度は85度〜90度ぐらいと思われます。

油断してたわ〜。





崖を下って、川を渡るという寸法です。






川を渡ると、次は崖を登らなければ・・・

川は実は2つありました。






フェイントのようだ、、、。

2つの川を渡り登ると、






再び、湿地帯へ。






ラムサール条約湿地 。






さっきの崖下りと崖登りが辛かった。

このゆるやか〜な登りが、疲れた身体に追い打ちをかけるようです。






湿地の見える広場で、ます寿司と湧き水が昼食です。

目的地・弥陀ガ原ホテルに到着!

ここからバスで山を降ります。


まさかの崖と鎖場に、昨日の雄山並みにぐったりです(^^;;

予期していなかったからね・・・。






弥陀ガ原ホテルからは立山高原バスで美女平駅まで下ります。

この時、バスを予約するのが必要です。

室堂から出発しているバスに途中から乗るので、席を空けておいてもらう必要があるんです。






バスで美女平まで。

美女平から立山までは、ケーブルカー!





昔、黒部ダム建設用の資材を載せていた荷台があるのがポイントです。

私たちのでかいリュックはそこに積まれました。





トンネルをくぐって、下ります。






そして、乗り換え時間たった2分で飛び乗った富山電鉄。

予定していた電車は、余裕を見て1時間後の電車のつもりでしたが、前の電車に乗れてラッキー!

→アルペンルートのHP

去年は直行バスでした。
直行バスの方が乗り継ぎがなくて楽だし、安い。





富山駅、到着です。

去年は工事中だったけど、新幹線開通ですっかりきれいにできあがってます。

きときと市場 とやマルシェ!

楽しいお土産ものがいっぱいです!

スイーツのような蒲鉾、かわいい❤️





白えび亭の白えび天丼に惹かれたけれど、エビが苦手な子もいたので、いろんなものが選べる郷土料理やさんで白えび天丼を食べました。

お腹いっぱいになりすぎた・・・(^^;;





Yamasankaさん →HP
の手ぬぐいが可愛くて、買ってしまった〜!

いろんなグッズ、すべてかわいい〜❤️


今年の登山は立山1回のみ。

でも、充実した山休日になりました!

毎年室堂には行きたいなぁ。

そして来年は、富士山か屋久島に行きたいな。





シルバーウィーク明け、いただいたお土産。

富士山に登ったんですか? と聞くと、眺めに行った とのこと。

眺めるのもいいよね〜⭐️




・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・


よかったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
ありがとうございます。更新の励みになります❤





テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

立山・雄山 ゆる登山   *富山県 立山*

Category : 信州への旅
こんにちは。
今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます(*^_^*)





シルバーウィークは天空の神社へ行って来ました!

最近、天空の城が人気だけど、こちらは天空の神社です❤️

ご利益ありそうでしょ?

富山県の立山・雄山神社です。


実は去年も室堂には来ました。 →去年の室堂・雷鳥沢キャンプ
てっきり雄山に登るんだろうと思っていたけれど、山に慣れているお友達は登れたら登ろう!ぐらいのスタンスで雷鳥沢のキャンプがメインだったので去年は登りませんでした。

でも山を見上げるだけで、こんな山本当に登れるんだろうか?って思いました。

そんな去年の未練の山に、今年は登るのをメインでチャレンジです。





9時室堂着。
室堂は標高2450m
日本最高地点の駅だそうです。

そしてここから雄山・標高3003mまで登ります!

宿に荷物を預けたりしていたので9時半頃出発しました。






シルバーウィーク・紅葉全盛にはまだ早いけれど色づいています。






一ノ越まではゆるやかだそうで、チングルマの綿毛とか撮りながらののんびり歩き。






雪の残る場所がありました。

滑らないように、ゆっくりゆっくり。


こんなに日差しが強いのに、溶けないなんてすごい。

登っているから長袖Tシャツで大丈夫なぐらいの温かさ。






だんだん、坂が急にはなってきています。

でも整備されているので歩きやすい。






一ノ越・標高2700mに到着。

一ノ越から雄山はまさに岩山。

本当にこれ登れるのかなぁ?なんてちょっと不安だけど、行くしかない!

その前に一休み。







今まで登って来た道のり、室堂方面の景色です。

みくりが池も見えます。







そして、こちらが信州方面。

お隣で休憩されていたお姉さんが、槍ヶ岳が見えるよ と教えてくれました。

黒部ダムは見えないですか?と聞くと、雄山に登ったら見えるよ と教えて下さいました。

さて、一ノ越から雄山に向けてスタートです。





い・わ・ば ((((;゚Д゚)))))))


最初の方がきつかったです。

見下ろすと怖いのです。






あと帰りの下りを想像すると、落ちないかな~なんて不安になってしまう。

岩山を一歩一歩踏みしめて着実に登っていく時、頂上を見るのではなく、目の前にある足元の一歩ずつに集中して一生懸命着実にやれば、山の上にもいつか登れてしまうのだろうな〜なんて感じながら歩いていました。

一歩一歩。





私たちの歩みはのろいけれど、他の人に抜かされようが、そんなのどうでもいいことで、普段もそういう風に生きていけてらいいなぁなんて思っていました。

人が多くて自分のペースで歩けない方がちょっとしんどかったりします。






そんなこんなで休憩も多く取りながら、12時過ぎに山頂到着!






気持いい~!
空が近い!






黒部ダムも見えましたよ~!!!






社務所横のベンチでお昼ご飯タイム!

室堂の売店で買ってきたえびとワカメのもち米おにぎり、美味しかったです!(高かったけど)






日陰で食べていると、寒くなってきたので上着を着ました。






登山碑前で記念撮影〜!






その後、雄山神社に参拝。

日本三霊山の一つなんだって。





イケメン神主さんがいるとか、いないとか。

どの人か私には分んなかったけど。






山の上にあるこの神社、素晴らしくないですか?

なんだかご利益もありそうだし。

お祓いしていただいて、お屠蘇もいただきました。


こちらからは剣岳も見えました。







神社から見た社務所と雲海。

いつもお天気に恵まれて、ありがたい限り!





あこがれの鈴付お札もいただいたので、早速嬉しがってすぐさまリュックに付けました(笑





この裏に書いてある文章がヨガっぽくて、ヨガの先生に写メでご報告しちゃいました。







そして、下山。

立山といえば雄山(標高3003m)、大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m)から成る山の総称で、三山行ければいいなと思っていたけれど、結局行きませんでした。

Kちゃんが朝から高山病の頭痛だったそうで、そんな中雄山に登ってくれただけでもすごい!

私自身も雄山だけでかなりの満足感を得てしまったので、別に行きたいという気持ちも強くなかったです。


霧が出ていましたが、問題なく下山できました。






振り返ると、月が出ていました。

左側の山から降りてきたんだなぁ。






室堂山荘が見えて来ました。

お宿です。






左側は室堂小屋。

最古の山小屋だそうです。






雄山登山を成し終わったので、なんだか清々しいのです。

夕方のお散歩へ。






ミドリガ池ではこんなに美しい夕焼けの景色を見ることができました。






こちらはミクリガ池。

去年も朝来ました。

朝と夕方ではイメージがかなり違います。






血の池。






地獄谷と夕陽。

この景色も素晴らしい!







地獄谷の観測所を作っている建設現場の安全看板は遊び心いっぱい!

どうですか?こういうの。






そんなことをしている間に、室堂平は夜の帳が下りて来ました。






山小屋では、夕食をいただきました。

お腹を空かせて食べるごはんってなんでこんなに美味しいんだろう!

山小屋には大学生ぐらいの男の子とお母さんという組み合わせもいて、なんだかいいなぁって思いました。






実は下山して宿に着く頃軽く頭痛がしていました。

頭痛、、、つまり、おそらくは高山病です。

だって宿も標高2400の高さなので(^^;;

お風呂に入ったら楽になるかと思いましたが、頭痛は続いたので寝ることにしました。

21時就寝。

しかし、24時頃一回起きると頭痛がひどくなって眠れなくなりました。





ふとヨガ教室で習った心の落ち着く動きと呼吸をやろう!と思いたちました。

相部屋なので1人お布団一畳分のスペース、他の人が寝ている暗い中で、始めました。

一通りやっても頭痛は消えなかったのですが、引き続き布団スペースでできそうなシャクラアサナ、ハラアサナ、マツヤアサナもやり、シャバアサナをしていたらそのまま眠ってしまいました。

そして翌朝4時半に起床したら、頭痛は消えていたのです!

きれいさっぱりです。

痛みが軽減すればいいな、ぐらいの軽い気持ちでやったのですが、本当にびっくりしました。

ヨガは本当にいつもそばにあって私を助けてくれます。

ありがたい体験でした。


2日目に続く





よかったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
ありがとうございます。更新の励みになります❤




テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

唐松岳 ゆる登山 *長野県*

Category : 信州への旅
今年最後となるゆるキャン部 vol.5。
今回は、ゆるくもなく、キャンプもしない、ゆるキャン部。

今年のゆるキャン部記録はこちら
□vol.1  上高地・徳沢
□vol.2  八ヶ岳・赤岳鉱泉は欠席
□vol.3  立山・室堂
□vol.4  精進湖


北アルプスの唐松岳で、初の登山にチャレンジです。
私にとっては登り約5時間と書かれていた登山は未知の世界。
みんなの足をひっぱらず、ちゃんと登り切れるかドキドキ。

唐松岳は富山県と長野県の県境にある山で、白馬・八方尾根から登って行きます。

大阪からのバスアクセスは、 白馬行きのさわやか号がなくなったとのことで、まずは長野駅まで行き、長野駅から八方までさらにバスで乗り継ぎました。
バス時間と待ち時間、長っ!

夜行バスにて、朝7時前、長野駅に到着。
バスの乗り継ぎに1時間待たなければいけないので、長野駅で朝ごはん。
駅にあるカフェにて、アサイーボウルを食べました。



BECK'S COFFEE SHOP 長野店 → HP



次のバスに乗るまでに歯磨きしようと思って、トイレへ。
歯ブラシセット、ない!
カフェに戻ると、先ほどまで座ってたソファに歯ブラシセット、ちょこんと佇んでおられた。

スマヌ。


長野駅から八方までバスで約1時間。
バスはだだ混みで、補助席を使わなければならない人もいるほど。



バスから見えたオリンピックのスキージャンプ台



9時半、八方に到着。

白馬村のビクトワール
トイレに貼ってあったゆるキャラ ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世 →HP


なにこのゆるキャラ、いけてるわ~!!!
好きやわ~。
箕面市の「滝ノ道ゆずる」くん →HP  押しの私ですが、このヴィクトワール何某には心惹かれる~。

ほのぼのとしていたら、asaちゃんが私を呼んでいる・・・
なにごとかと、あわてて行くと、わたくしお財布を落としていたそうで。

ポケットに入れてたんだけど、バスの荷物置き場からザックをひっぱり出した時に落とした模様。
運転手さんが、落とし主を探してくれ、無事手元に戻って参りました。

イツモゴメイワクオカケシテオリマス。

アリガトウゴザイマス。

デモ、ヨカッタ、ヨカッタ。


落し物番長、今日はあと一回、なにか落としそうな予感。

でも、気を取り直して、出発です。





バス停からゴンドラ乗り場まで、10分ほど。

アダムゴンドラに乗りま~す。





下側には黄色く色づいた田んぼと村の風景が広がっています。

私は下側を向いて座っていたのだけど、上側を向いて座っていたasaちゃんが突然
「ホルスタイ~ン!」と。

一瞬 「ミキティー」みたい と思ってしまったよ。





たしかに、ホルスタイン。
帰りにソフトクリーム食べよう!と心に誓う。

きっと美味しいに違いない。 (帰り、そんなことすっかり忘れていた)





ゴンドラを下りると、そこは黄色とオレンジ色の紅葉でした。
おぉ!





アダムゴンドラの次はアルペンクワッドリフト。

足が草につくぐらいの高さ。
雪が降ったらこの高さで大丈夫~?とか思ったら、おそらくリフトが2段階の高さ調節できるようになってるみたい。
かしこいなぁ。





オリンピックの強調された小屋を横目に見ながら、


池塘



鎌池湿原を歩きます。
黄金(紅葉)と白(霧) 2色の世界です。

どんどん霧が濃くなってきた。

この後、さらにグラートクワッドリフトに乗り、八方池山荘へ。

やっとこさ、11時、登山スタートです。

人の流れに従って歩くこと1時間

雨が降ったのか、朝露なのか、岩が濡れてて油断すると滑りそうになる道、人がいっぱいで自分のペースで歩けない感、見渡す限り真っ白の濃霧

・・・楽しくない。帰りたい。


先ほどのバスの中で唐松岳に行った人から話を聞いたら、池までは対したことないけど、池からは結構大変だとか。
池につく前で既にこんなに楽しくないなんて・・・

もう、八方池まで行ったら、私帰る!
一人で下に降りて、温泉付きの宿泊まって、のんびりする、も〜決めた!

と一人でぐるぐるネガティブなことを考えてた。



息ケルン(標高2005m)



ケルンがあっても気分が晴れない、ワガママ女。




八方ケルン(標高2035m)



こっちのケルンは好き。 顔(笑
心の中でマジンガーゼットと名付ける。  マジンガーゼットの顔知らんけど。




これがテンションあがらない理由



晴れていれば、キレイな景色が見えるはずの場所。

まっっっっっっっっっっっっ白。


12時半、八方池に到着です。





池の周りは人・人・人。
思っていたより八方池は小さかったです。

これを大きく見せる写真の力はすごいなぁ。





私たちも池の周りでお昼ご飯にしました。

長野駅で買ったおにぎり。

ここで気付く、「てぬぐいがないっ!バス停まではあったのに~」
やはりな、落し物番長、本日3個目の落し物はてぬぐいでござった。

まぁ、明日バス停に行けばあるかもしれない と気を取り直す。





しかし、晴れていれば、白馬三山やらたくさんの山が見えるはずの八方池。濃霧で何も見えん。
裾の方の霧がちょっと晴れてきたけど。

帰りたい気持ちもあったけど、実行する勇気もなく、しぶしぶ山に向けて歩きはじめました。


その時、わぁっと歓声が上がり、振り向くと、山の頂上付近の霧が晴れて、山の頂上だけが見える!





それから数分後、嘘みたいに雲・霧が流れて、青空も見える。

もう、私のテンションの上がりようときたら!
kozueちゃんに、「顔が別人!」と言われちゃいました。

素直なんです。  よく言うと。

悪く言うとワガママ ともいいます (^^;;


八方池



どんどん雲は流れて、空は青空、山もくっきり、紅葉も きれいに見える!
嘘みたい〜‼︎ 嬉しすぎる〜‼︎

山の天気は変わりやすい と聞くけれど、こんな変化は大歓迎!!!


歩きます!上まで行かせていただきます!





八方池を通り過ぎて、13時より登山再開。

八方池までの楽しくない気分は一転、空が晴れるとともに、私の気分も晴れました。

単純σ(^_^;)





気持ちいい景色!

池に空が映り込んで鏡みたい。





さっきまで真っ白に覆い隠されていたのが嘘のような景色。
たった30分でこんなに変わるか?

おそらく 天狗の頭 白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳(雲に隠れてるかな~)

恐るべし、山の天気。


手前の紅葉と、向こうの山が美しい。
写真で切り取ると、この素晴らしい景色がちゃっちいものになってしまうね、なんてkozueちゃんと話してました。

腕のある方は、逆なんだろうけどさっ(⌒-⌒; )






丘の稜線を登ると、林のような素敵エリア「下の樺」に突入。
道もなだらか。




山に向かって右手は雲が晴れて白馬連峰がキレイに見えるのに、左手は曇っている。
不思議な天気。





右側はすっかり青空。

楽しすぎる〜!
とテンションアップで歩いておりましたが、そうは簡単に行きません。

岩と砂の階段、登場。
けっこうきつめ。(写真ありません)






途中まで登ると、下ってくる方々がいたので、「この先、まだまだ急ですか〜?」と聞いて見た。
すると、「まだまだですよ。でも途中で力もらえる景色が見れますよ。がんばって!」って言って下さいました。

おし、がんばる!
こういう励まし方をしてもらえると、行こう!って気持ちになれる。



岩の階段登って暑くなったので、上着をぬいでる図



紅葉も楽しみながら登る。
思ってたほどしんどくないなぁ。




その次は稜線。

このあたりからすれ違う人が多くなってくる。





黄色く色づいている素敵エリア「上の樺」。





木が全部ななめに生えているのはなんで?
風なのか太陽なのか。

おし~えて~ おじいさん。            わしゃ、ムリ。





すれ違う人が多いなぁと思ったあ、ちょうど日帰り登山の方達が降りてくる時間みたい。
細い道はゆずりあい。




14時、扇の雪渓に到着。
一休み。チョコが美味しい。





そしてまた登る。

上から降りてくる人達とすれ違う時にちょっと喋る。
あそこ(山の上みたいなところが見えてる)が頂上ですか?  →これ丸山ケルンだった。

と聞くと、

いやいやあそこから2山行かなきゃ!

でも白馬岳がきれいに見えるよ。がんばり!って言ってくれる。
な〜んか、ちょっとした一言をつけてくれるのが嬉しいんだな〜。






八方池までの人であふれかえった道とか、濡れていてすべりそうになる岩道に比べると、このあたりは私的には全然大丈夫な道でした。



丸山ケルン(標高2430m)



14時45分 丸山ケルン着!
いい景色〜!

雲の上にいる自分。



白馬鑓ヶ岳をなでなで



まだ登り切っていないのに、ここまで来たことで自信が出てきました。

「やろう!」と思って進んでいれば、なんでもできちゃうような気分。
だって、私運動神経も持久力もないから登山なんて絶対ムリ!って思ってたもん。
今年の春に富士山登ろう!って誘ってもらった時にも、「ヘリコプターかリフトで上まで行けるなら行きたいけど、登るなんてムリムリ」なんて、バカげたことを言ってたし。

自分でムリっていう柵を作ってしまってたのかな。






そこからは稜線。

私、意外とこういうところの方が怖かった。
ちょっとよろめいて、下側に転がったら・・・とか思ったら怖くなっちゃって。

これを高所恐怖症と言うのでしょうか。





ものすごい雲海。

ほんとに雲が海みたいに広がってる。





細いところはロープや鎖をたどりながら。




まだまだだろうと思っていたら、角の向こうに突然現れた山小屋。

唐松岳頂上山荘に到着で~す。




11時に歩きはじめ、15時45分唐松岳頂上山荘に到着しました!

ここはまだ山頂ではなく、写真左に写ってる山が山頂。

とりあえずチェックインして、荷物を軽くして山頂目指します。





すごいところにある山荘。

そしてさらにすごいところにあるキャンプ場。
個室っぽい感じでテントを建てるのね・・・(笑

真上には月が!




唐松岳頂上(標高2696.4m)



山荘から15分ほど歩くと、山頂に到着!
見えていると近く感じる。





西側です。 剣岳です! なんとも幻想的な雲海です!!!






そして東側を振り返ってみると、ハングル語です。 国際的です!?

この雲のはるか下から来たんだなぁ。





はじめての北アルプス登山! 感動もひとしおです!
髪ぼっさぼさですが、歓喜の後姿。

さっむ~!
寒さがはんぱないので、山荘へ戻ります。





山荘に戻ってしばらくすると、夕日が・・・  美しすぎる。

部屋に戻って荷ほどきしている友達を呼びに行かねば!
これ見逃したら絶対ショック受けるよ。





asa先生のお写真です。 アーティストだわ。




裏剣と雲海に沈む夕日。
山荘のご主人曰く、今シーズン一番の夕日です!とのこと。






まさかこんな景色を見ることができるなんて思っていなかったので、ホント感動。

八方池のところで折り返して帰らなくてよかった~!


唐松岳



夕食の時間になったので食堂へ。
雲の上の食堂! 
なんて贅沢~!!!





あったかいお味噌汁がしみわたる~!おかわりしちゃいました。
ごはんもおかわりしちゃいました。

この後山荘のご主人が山での健康管理についてお話してくれました。
ワタシ明らかに摂取水分少なすぎるし、着るものとかも甘い。
ちゃんとしなきゃ と改めて思う。


ザックの中から落としたと思っていた手ぬぐいが出てきました。

ひさしぶりっ!





・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・

翌朝




5:15 山荘の裏山へ。 早すぎへん?(笑





5:30 唐松岳山頂にも人が・・・






5時45分 日の出 ビミョー。
朝日は残念ながら見えず。
こ~んな感じ。

雨が降る前に下山しなきゃ。




6:10 朝ごはんです。

お隣さんは60歳ぐらいの女性お二人で、食事をスケッチされてました。
すごいなあ。

私がはじめての登山で、先週の御嶽のこともあったから、とても不安だったけど、来てよかったですって言ったら、危険があることの意識をちゃんと持っておくことは大切だよって言われました。
ありがとうございます。

お二人は40年前にも唐松岳に登ったんだけど、その時は簡単に登れた記憶があったのに、今回は長く感じたっておっしゃってました。
同じ山に40年後登るなんて、素敵だなぁ。

下山は7時出発、9:30着でした。
途中から雨が降りましたが、無事下山。

下りはかなり不安だったんだけど、asaちゃんがストックを貸してくれたおかげでスイスイ降りることができました。

感謝。





先月ヨーロッパ旅行に行ってたkozueちゃんがお土産をくれました。
イタリアの塩とドバイのチョコ。
塩分と糖分。
山に行く時に必要になりそうな、いいタイミングでくれるお土産!
ありがと〜(≧∇≦)






帰りも長野駅まで行き、1時間待ち時間があったのでスタバでコーヒー。
水洗トイレっていいな、街っていいな(*^^*)






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 箕面情報へ







テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

精進湖キャンプ 2日目 ゆるキャン部vol.4-2*山梨県*

Category : 信州への旅
湖畔キャンプ、2日目です。

夜が明けて・・・。

なんやらがこんがこんうるさい、と思ったら朝5時過ぎ。
釣り用ボートの準備での音でした。




朝靄かかる、幻想的な湖。

焚き火を囲み、朝珈琲タイム。




東の山の上から太陽様がおはよう!
そして北西の空にはお月様がさようなら。

さて、楽しみな朝ごはんは、じゃじゃ〜ん!





甲府だから、ブドウ!
十勝の甘〜いプチトマトととうもろこし。
ダッチオーブンで、目玉焼きとソーセージ!
軽く炙ったパンと手作り苺ジャム(≧∇≦)
焚き火で作ったジャガバタ。
キノコのホイル焼き。

豪華〜! 幸せな朝ごはん。


あす楽◆即納◆★送料無料★【送料無料】コールマン(Coleman) ダッチオーブンスタートパッケ...

あす楽◆即納◆★送料無料★【送料無料】コールマン(Coleman) ダッチオーブンスタートパッケ...
価格:15,800円(税込、送料込)







富士山見ながらヨガやりま〜す!
気持ちいい〜o(^▽^)o
しかし、昨日のマウンテンバイクで二の腕が筋肉痛、、、ツライ。





お花がいっぱい咲いてる〜。





本読んだり、おしゃべりしたり、お昼寝したり、まったりタイム〜。



<今すぐ使えて選べるクーポン進呈中9/24水0:59まで><NEMO EQUIPMENT正規取扱店で安心><送...

ニーモ イクイップメント タープ NM-SHADOWCT シャドウキャスター【SHADOW CASTER】【タープ】【キャンプ】【RCP】
価格:34,344円(税込、送料込)



[ ヘリノックス Helinox | アウトドア チェア | 折りたたみ椅子 アウトドア コンパクト チェア ...

[ ヘリノックス Helinox | アウトドア チェア | 折りたたみ椅子 アウトドア コンパクト チェア ...
価格:11,750円(税込、送料込)






そんなことをしていたら富士山がくっきり見えてきました!
きれいだ〜!




お昼ごはんはサンラータン!
ゆるキャン部の定番ごはん。




パノラマ台に登ってみました。
延々登ること約1時間で、到着。








草が生えてて見にくいけど、確かにパノラマ!
雲がもくもく!
樹海の広さがよくわかる。
気持ちいい〜!




真正面は雲に覆われてて、富士山はかくれちゃってます。
たまに雲の切れ間から輪郭が見えるんだけどね。




西側は本栖湖。




東側は西湖と河口湖。



山を降りて、河口湖方面へ。

ほうとう不動東恋路店へ行ってみました。




この富士山にかかる雲のような建築は、建築家の保坂猛氏設計だそうです。

行列ができているけど、お店の中は空席がたくさん。
スタッフが少なくてまわしきれてないみたい。
がんばれ〜!
あまり待ってる時間がないので、建築だけ見学しました(^^;;




そして、溶岩温泉で日帰り入浴。
はぁ〜、さっぱり!




ほうとう不動 河口湖駅前店へ。
NHK朝ドラ「花子とアン」にも出てくる、ほうとう。
おかあのほうとう(笑
麺はもっちり、かぼちゃの甘みとお味噌が優しい。




河口湖駅に戻ってきました。
おっしゃれ〜な駅だなぁ。

お土産は甲府の白ワイン。

3泊2日、満喫したなぁ。
富士五湖から富士山を眺めるという夢が1個叶った。
また来たいな〜。
楽しかった〜!


・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
精進湖 →HP

パノラマ台 →HP

ほうとう不動 東恋路店 →HP
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津東恋路2458
TEL:0555-72-8511

ほうとう不動 河口湖駅前店 →HP
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津3631-2
TEL:0555-72-5560

溶岩温泉 →HP
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津5219
TEL:0555-72-2260


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

精進湖キャンプ 1日目 ゆるキャン部vol.4-1 *山梨県*

Category : 信州への旅
連休はキャンプです。

それも憧れの富士山が見える湖畔キャンプ(≧∇≦)




河口湖駅到着。




富士山イラストがちりばめられた電車。
かわいい!
早速テンション上がるわ〜。




とりあえず駅中で朝ごはん。

富士山コロッケo(^▽^)o
富士山の形に弱い。

吉田うどん。朝からうどん。
めっちゃコシがある〜!
野菜たっぷりの具もお出汁もおいしい。




さてさて、精進湖キャンプ場に到着〜。
東洋のスイスだって〜(^_^)

上九一色村・・・ってあの?
この辺りだったんだ。
関西人には難しい関東・東北の位置関係(^^;;

精進湖は富士五湖の中で一番小さい湖です。
しょうじんこ じゃなくて、しょうじこ と読むそうです。




子抱き富士山、見えま〜す!
富士山とその前にある大室山をこういうそうです!

私、新幹線からと、飛行機からしか富士山見たことなかったんだ〜。
静岡県側nいわゆる表富士、そしてななめ上から。

今見ているのは、山梨県側なので、いわゆる裏富士?
朝ドラ「花子とアン」で裏富士というとおじいやんが裏じゃない!って怒ってたな〜。

テントを張って、準備完了。

おでかけしま〜す。




ふじてんへ。
スキー場は夏遊びもやってるんだって〜。




初マウンテンバイク体験。怖〜!
前のめりにこけないように、へっぴり腰。ブレーキは人差し指で。
指疲れる〜!
でもスカッとする〜。

翌日の二の腕筋肉痛はハンパなかった{(-_-)}

ピンクのモニュメントは、桂由美さんの恋人の聖地だって。




お昼ごはんは、富士山型メロンパン。

買い出しして、再びキャンプ場へ。





みんなで持ち寄ったものもいろいろ。

十勝からお取り寄せした野菜や、自家菜園の野菜持って来てくれました。
あとは、柿ピー。
カレーとチーズの組み合わせは最強やね(≧∇≦)
山椒ときんぴらごぼう味も美味。

ご当地の日本酒飲み比べセット。





炭をおこして、いろんなものを焼こう!
海鮮、お肉、野菜・・・




ビール缶をはさんだら、遠火焼き⁈

時間をかけて、ゆっくり楽しい夕食。

だんだん辺りは暗くなり、寒くなって行く。





焚き火を起こして、あったまろ。
な〜んかいいよね〜、まったりしたこの時間。

星がいっぱい、キレイでした〜!



にほんブログ村




テーマ : キャンプ
ジャンル : 旅行

立山 雷鳥沢 ゆるキャン部vol.3-3 2日目 *富山県 立山*

Category : 信州への旅
ゆるキャン部 in 立山 の2日目です。
朝日を見たいな〜と思って、5時に早起き!




真っ白けっけ f^_^;




山小屋から出かける人を見送って、お湯をもらって朝珈琲。
山小屋にある本を読みながら、まったりタイム。




7時、キャンプ班に合流し、朝ごはん。
朝は、朝カレーなのだ!




みんな荷物を減らしたいから、ありったけ食べる!
そして、またまたまったりタイム。





高山植物とかね、調べて来たらもっと楽しめるかもね。
と思いながら、ま、見てるだけでもいっか〜と思う。






正面に見える小屋には山岳医療の先生もいるの!
昨日、お隣のテントの人が高山病ぽくなってたのを診察してはった。
私達、先生のことを、「向井理」と呼ぶ。
全く似てません。念のため。
ドラマね、ドラマ f^_^;

 この商品は送料無料です。 向井理/サマーレスキュー~天空の診療所~DVD-BOX

 この商品は送料無料です。 向井理/サマーレスキュー~天空の診療所~DVD-BOX
価格:20,520円(税込、送料別)




この丘登って室堂に帰るよ。






それぞれやりたいことと時間配分が違うので、それぞれ行動します!
温泉入りたい とか、ゆっくり片付けたいとか、ビール飲みたいとかね。






みくりが池温泉到着〜。
到着直前、雨が降り出す。そして大雨に・・・。





温泉入りま〜す!
日本で一番高い所にある温泉ですもの♪
入っとかなきゃ(≧∇≦)

湯の花が浮いていて、出てからもホカホカ感が持続。
あったまった〜(≧∇≦)





温泉出て喫茶店に行くと、魅力的なメニューが・・・

あんバタートースト。
カロリー高そう〜、しかし、激ウマ!
幸せすぎる〜。
まだ10時。
さっき朝ごはん食べたばっかりなのにね〜。

ザックカバーをもってない私はasaちゃんにビニールゴミ袋をもらって、簡易雨カバー作成!
ばっちり。
そんなこんなしている間に雨はやんでて、カバー不要…>_<…





みんなカッパを着ているので、とってもカラフルな道。





室堂到着〜。
ご当地ビールとおでんをたべるuna隊長。

記念写真を撮るための台に座ってお弁当を食べている年配の方々、笑える。

お昼過ぎ、室堂にさよなら。
バスで富山に帰ります。





道の駅にて。
巨大ライコちゃんぬいぐるみ。
左が現在。右はasaちゃんが撮った何年か前の写真。
絶賛値上げ中!?





富山駅に戻りました。




駅前で立山そばを食べる。
あったかいのには立山かまぼこがあるのに、冷たいのには入ってなかった・・・

結局雨にあたらず2日間過ごすことができました。
大阪に帰ると、山の方は避難指示が出ているほどの雨だったとか。。。
最近は豪雨が多くて山とか川とか怖いですね。

2日間なにごともなく無事帰れたことに感謝!

立山 雷鳥沢 ゆるキャン部 1日目AM *富山県 立山*
立山 雷鳥沢 ゆるキャン部 1日目PM *富山県 立山*





にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 箕面情報へ




テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

立山 雷鳥沢 ゆるキャン部vol.3-2 1日目PM *富山県 立山*

Category : 信州への旅
室堂から1時間歩き、雷鳥沢に到着しました。

雷鳥沢から、2グループに別れます。
キャンプ班は、テントをたてながらまったり。
ASAちゃんと私、山小屋班は、室堂乗越までハイキング。

雄山に登ろう!っていう話だったけど、この時間から登るのはムリ^^;なので、即却下。
むりをしない、それがゆるキャン部。




さて、出発〜。
この写真、お気に入りなの〜。
我ながら、良い写真♪




ウナゾウ ココロの俳句…

UNA隊長が素敵な加工をしてくれました〜。
詩人やね。




一番低いとこ、川にかかる橋を渡る。




川の水がキレイすぎる!




山(山ってほどじゃない^^;)初心者の私はASAちゃんについてく。

川沿いを歩き、尾瀬っぽい(⁈)とこを歩き、ガレ場を登る。




石に描かれている○印を見ながら。
ガレ苦手〜。




でも、道道にお花が咲いてて、楽しめる!




なんとなく上がったところ、おそらく新室堂乗越到着〜。




三叉路。奥大日岳と剱岳方面と、来た雷鳥平の三叉路。




お花畑〜!
ハイジ〜! クララ〜!
バカっぽいσ(^_^;)




チングルマo(^▽^)o




今日歩いた道がよ〜く見える。

もし雄山に登ってたら、あ〜んな上‼
大変そう〜。

ここで充分いい景色〜(≧∇≦)





ゆるやかな稜線を歩いて、おそらく室堂乗越と思われる辺りへ。

剱岳が見えると聞いてたんだけど、雲?霧?真っ白け〜。





でも私、実は室堂に着く直前にバスの窓から剱岳らしき山見ちゃったのだ〜。
これだよね?剱。

立山来る前に映画「劔岳 点の記」と「春を背負って」を見て予習して来たから合ってると思う。

「劔岳 点の記」で「むろどうのっこし」っていう場所が出て来て、「のっこし」ってなんだろう?と思ってたんだけど、峠の意味だそうです。

偶然にも、ふと気になった「室堂乗越」へ行くなんて、ね。





新室堂乗越に戻ると年配のグループの方々が、ふつ〜の雪平鍋でなにか作ってました。
よくそのサイズの鍋持って来たな〜^^;

あ〜楽しかった〜。

下山。
ガレを下るの苦手だ〜!と思ってたけど、後ろから来た方に話しかけられて、いろいろお話してたら
下に着いてた。





さて、雷鳥沢キャンプ場に戻ると、キャンプ班はサンラータンを食べてまったりしてる最中でした。
おいしそうなサンラータン!





お湯を沸かしてもらって、珈琲タイム。
あ〜シアワセ。





おしゃべりしながら、まったりタイム。





5時ごろ夕食。
moriちゃんはパスタ。パスタを半分に切ったらジップロックにピッタリ収まってました。

飲みメインのuna隊長とasaちゃんはお湯にくぐらせた湯豆腐とつまみ系。
ザックに3本ずつビールをいれて来たそうで、キャンプ場の冷たい水で冷やしてました〜。





私は棒ラーメン。具はワカメや天日干し大根やお麩としゃぶもち。
コンパクト。





だんだん日は沈み、反対側の山が色づく。
それを見ながらの〜んびりできるこんな時間が最高!





暗くなってきたので、山小屋へ。
お風呂もあるので、嬉しいな〜。

9時に就寝。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】劒岳〈点の記〉新版 [ 新田次郎 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】劒岳〈点の記〉新版 [ 新田次郎 ]
価格:1,234円(税込、送料込)



自然の美しさは厳しさの中にしかないことを知る
という一言が印象的だった。


立山 雷鳥沢 ゆるキャン部 1日目AM *富山県 立山*
立山 雷鳥沢 ゆるキャン部 2日目 *富山県 立山*






にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 箕面情報へ



テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

立山 雷鳥沢 ゆるキャン部vol.3-1 1日目AM *富山県 立山*

Category : 信州への旅
立山・室堂にやって来ました〜!





天気予報は曇・雨だったけど、晴れてる〜!
ラッキー♪
やはり私晴れ女なのかな〜(≧∇≦)

室堂は人がいっぱい!





立山玉殿の湧き水をわけてもらいます。
美味しい!
水筒にいれて、歩きはじめました。

石の遊歩道はちょっと歩きにくい。





ミクリガ池。山の上にある湖(≧∇≦)
青色が美しい。









硫黄の匂いがしてきたら、横に地獄谷!
温泉卵食べたくなる匂い。




エンマ台展望所から望む山崎カール。
カールとは、氷河の侵食作用によってできた広い椀状の谷のことだそうです。
天然記念物だって〜。

写真にはカールは写ってないなぁ。
正面の高い山の右端が雄山、その裾に一の越山荘がみえる。





そして、血の池。
血の池といってもなんだかきれい。





石の遊歩道は登ったり降りたり。





大パノラマ!山!山!山!





動物かと思ったら岩だった。

大した道じゃないんだけど、みんなお疲れ。
なんでだろ?





気持ちよすぎて、気分はアルプス。
「ハイジ〜!」
「ペーター!」
「おんじ〜」
と叫ぶ。
オンジって・・・^^;





1時間ほど歩いて、雷鳥沢に到着〜(*^^*)
雷鳥沢ヒュッテで〜す。
トイレはキレイだし、温泉もあるし、いたれりつくせりの山小屋です!

入り口にテラスがある!





お昼ごはんです。

富山から室堂のバスで途中休憩したあるぺん村で買った炙ります寿し食べま〜す。
この炙ります、めちゃくちゃ美味しい!炙り具合、肉厚感、500円の価値がある〜(≧∇≦)

こんな気持ちのいい場所で美味しいものを食べることができて、幸せ〜‼


立山 雷鳥沢 ゆるキャン部 1日目PM *富山県 立山*
立山 雷鳥沢 ゆるキャン部 2日目*富山県 立山*





交通メモ
阪急高速バス →http://bus.hankyu.co.jp/highway/route/info/highway09.php
大阪〰富山 往復¥8,750

富山地方鉄道 室堂線 →http://www.chitetsu.co.jp/?page_id=741#murodou
富山~室堂 往復¥5,800


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 箕面情報へ





テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

山モチーフに惹かれる ゆるキャン部vol.2

Category : 信州への旅
今頃、ゆるキャン部のみんなは八ヶ岳・赤岳鉱泉にいるんだろなぁ なんて思う。
誘ってもらったんだけど、今回は都合がつかず、残念ながら欠席です。

最近、山モチーフのものに惹かれるのよね~。


テレビ東京 ワールドビジネスサテライト トレンドのたまご で紹介!富士山の氷をつくる★ブルー...

富士山の氷をつくる ブルーノ フジ オン ザ ロック BRUNO
FUJI ON THE ROCK

価格:1,296円(税込、送料込)


富士山/フジサン/グラス/父の日/ビアグラス 日本の最高峰、富士山がグラスになりました。ビー...

富士山グラス Sghr
日本の最高峰、富士山がグラスになりました。ビールを注ぐと食卓に表れる富士山!?その名は、富士山グラス。

価格:4,078円(税込、送料別)


【Him (大)】 FUJIWAN フジワン Floyd/フロイド お茶碗 ご飯 茶碗 茶わん 富士山 富士 引...

FUJIWAN フジワン Floyd/フロイド お茶碗
【Him (大)】

価格:3,240円(税込、送料別)


《遊 中川-b》121-中川政七商店富士山ふきん【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】

中川政七商店富士山ふきん
【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】

価格:432円(税込、送料別)



こんなのを見て、山気分を満喫できちゃう、お手軽だな、私。

ポーラーアイス 即納 流氷にのったシロクマやペンギンの立体的なロックアイスができる製氷器【M...

ポーラーアイス
流氷にのったシロクマやペンギンの立体的なロックアイスができる製氷器

価格:1,620円(税込、送料別)


白クマもかわいいぞ~!

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

上高地・徳沢へ ゆるキャン部vol.1-4 準備編 *長野県 上高地*

Category : 信州への旅


2週間ほど前、山好きのunaちゃんとmoriちゃんが、上高地キャンプに誘ってくれました。
私は体力も気合もないので山登りはNGなんだけど、上高地はハイキングっぽい。
行ってみたいな〜と思った。
さらに背中を押したのは、ニリンソウが咲き乱れる徳沢キャンプ場の写真。 → 徳澤のHP

行きたい!



よし、行こう!と思い立って、高速バス(大阪発の信州さわやか号)を予約しようとしたら満席。
がっくり(>_<)

電話もしてみたし、毎日発車おーらいネットをチェックしてみるけど、ず〜っと残席0。
キャンセル待ちは諦めモード。



みんなが他の行き方を調べてくれる。
上高地ゆうゆう切符とか。
これは松本まで高速バスで、さらにバスで上高地へ行くツアー。
安いけど到着時間がみんなより3時間遅く、出発が1時間早い。
でもこれも満席。

長野経由という手もあるけど、帰りのバスがない(>_<)

最終手段は名古屋まで新幹線で行って、名鉄バスのプラン。



まあでもこれはないな〜って思ってた。
でも、ニリンソウの咲き乱れる映像が私の頭に浮かんで仕方がないんだよね〜。

月曜日朝、やっぱ行こう!と思い立つ。多少高くなるけど、行きたいんだから、行ける機会に行かなきゃ!って。
月曜昼休み、名鉄バスの予約とる。
すぐさま、二人に「行きます!」LINE。




二人がその心意気(⁈笑)をすっごく喜んでくれて、「交通費かかるから、まだ装備買わなくていいよ、持ってるもの全部かしてあげる」って言ってくれる。
ありがと〜!

そして装備の確認(笑)
                       una&mori
スニーカー、コンバースでいい? →なめてるな、まぁ今回はいいけど。
リュックあるよ〜写真送る  →それじゃムリ!私の25リットル貸す。
寝袋あるよ、なんかもらったやつ。 →それじゃ凍死する。貸す。マットも貸す!テントは一緒に入り!
フリースない、ユニクロで買ってくる〜 →もう時期的に売ってないよ。ライトダウンかしたげる。
ウインドブレーカーない →私の貸す!カッパ上下もかしたげる!
               ガスコンロは2個を3人で使おう!ヘッドライトも貸す!

と二人がぜ〜んぶ貸してくれることになりました!優しい!!!
てか、私無知すぎる。
書いてて、バカな子やん!と思った。。。



その後の4日間はバタバタ。
貸してもらえるリュックなど受け取りに行ったり、「好日山荘」に行って卵ケースやフリーズドライの白米を購入したり、スーパーや100均で食材購入したり。
準備も楽しくてワクワクしすぎ(^^;;



タオルはかさばるから手ぬぐいがいいよ!と教えてもらい、一目惚れして買ったけど、使ったことなかったにじゆらの手ぬぐい出してきた。



メイク落としシートは必要量だけチャック袋にいれて行くといいよ!と聞いて、なるほど〜!と感心したり。

準備やパッキングも楽しい。
リュックは8kgになりました。
上高地についてからシェラフとマットを受け取るので、10kgぐらいかな。



金券ショップに行くと、新幹線の往復チケットが日にち指定で思っていたより安く手に入ってラッキー!

さわやか信州号で直で行くなら、往復17600円。
私は大阪ー名古屋の新幹線往復が9500円+名鉄バス往復11310円で、20810円。
3000円高いぐらいやな〜と思ってた。
そしたらミラクルなことが起こりました!
水曜日職場の飲み会で3000円の会費を払ったのに、次の日「なんかお金余ったから・・・」と3000円が丸々返って来た。
びっくりした〜。
こんなことってあるんだなぁ〜(*^^*)
な〜んて、ラッキーなんだ、私。




せっかくなので、新幹線も楽しもう!
大阪→名古屋の新幹線で「たこむす」を夕食にして、名古屋→大阪の新幹線では「天むす」を夕食にしよう!と思い立つ。
が、たこむす売り切れ・・・。
今度新幹線乗る時は、食べるぞ〜!
天むすはちゃんと食べた(≧∇≦)

準備も、帰った後の写真整理も楽しい旅の一部。
楽しかったなぁ(*^^*)

ゆる~いキャンプ部(略してゆるキャン部) の記事一覧。
1日目 朝 上高地バスセンター→徳澤までのハイキング
1日目 昼~夜 徳澤キャンプ場 食べ続ける人々
2日目 歩く&食べる&出会う&プチショック受ける
準備編


<
【楽天ブックスなら送料無料】氷壁...

【楽天ブックスなら送料無料】氷壁...
価格:11,081円(税込、送料込)


昭和30年代に起きたナイロンザイル切断事件をモチーフに、山・友情・恋愛がからむ。何度も訪れる徳沢小屋は徳沢園だそうです。


送料無料!!【漫画】岳 全巻セット (1-18巻 ...

送料無料!!【漫画】岳 全巻セット (1-18巻 ...
価格:10,275円(税込、送料込)


主人公たち救助隊の面々が通う「谷村山荘」は、上高地徳沢にあるという設定だそうです。






テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

上高地・徳沢へ ゆるキャン部vol.1-3 2日目 *長野県 上高地*

Category : 信州への旅


おはようございます!
朝4時半、鳥の鳴き声で起きました。



夜は明けて、他のテントの人々も起きています。
太陽と共に起きる、なんだかいいなぁ。



うだうだしながら5時半ぐらいに起き出し、朝の珈琲(*^^*)
至福のひととき。



朝ごはんは、朝カレーです!
お鍋にレトルトカレーが3つ、きゅうきゅう(^^;;

お米が硬かったけど、朝カレーおいしかったです!



さて、8時より横尾の方へ朝の散策。



山登りの人にどんどん抜かされる、さすがゆるキャン部。



陰には雪が残っていました。



キャンプ場へ戻って来て、テントの片付けとパッキングを済ませ、河童橋まで2時間ハイキング。



明神から河童橋まではびっくりするぐらい人が多い。
徳沢まで行ってる人はみんな登山靴やトレッキングシューズだったので、コンバースの私はこれまた山をなめてる人だったけれど。
明神までならスニーカーの人もいたわ〜、仲間(*^^*)

河童橋はね、もううじゃうじゃ人人人。
さすが観光地!



上高地アルペンホテルでお風呂入りました〜。
500円で外来入浴できるの。
あ〜、すっきりした〜!

荷物置き場へ荷物を取りに行ったら、unaちゃんの山の知り合いahiruさんに会う!
なんと前日、私達より遅い時間に上高地に着き、私達が徳沢でホットケーキを作っている頃、徳沢を通り過ぎて雪山へ。
で、「徳沢で、フミヤ見た?」と。
なに〜!!?
もしかして、あの撮影の画家さんは藤井フミヤさんですか〜⁉
私達、あ〜んな近い距離にいたのに、気づけなかった〜(>_<)
BSの番組の撮影だったんだって〜。 おそらくコレ。  → 「藤井フミヤの山に登りたい2」
私達のホットケーキを作っている姿、映ってないかな(^^;;



温泉の後はお昼ご飯。
とろろ信州そば、コロッケ。
美味しいね〜!

修学旅行の学生を見ながら、「大人になると楽だよって教えてあげたいよね〜」と語り合う。
私達、性格が全く違うから、学生時代だったら仲良くなってなかっただろうね〜なんて。
今はいろんな人と出会えて仲良くできるし、あまり気の合わない人とはだんだん疎遠になるだけだし、ホント楽(笑



そしてバスセンターへ。
大阪帰りのバス、東京行きのバス、名古屋行きのバスが30分違いで出ているので、順次バイバイ。

慌ただしく大阪行きのバスを見送り、バスセンターでソフトクリームでも食べるよ(笑
牛乳とチーズのミックス!
ソフトクリーム食べてたら、またahiruさんに遭遇!
ソフトクリーム食べてる私達の写真をパシャっと撮って、バスへ急いで行かれました。
なんだか、びっくりな体験もあり、ホントに楽しいゆるキャン部(≧∇≦)

楽しい山キャンプに誘ってくれた二人に感謝!
充実した休日をありがとう♪


ゆる~いキャンプ部(略してゆるキャン部) の記事一覧。
1日目 朝 上高地バスセンター→徳澤までのハイキング
1日目 昼~夜 徳澤キャンプ場 食べ続ける人々
2日目 歩く&食べる&出会う&プチショック受ける
準備編


テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

上高地・徳沢へ ゆるキャン部vol.1-2 1日目昼〜夜 *長野県 上高地*

Category : 信州への旅
さて、上高地の有名観光地・河童橋から歩くこと2時間、徳沢に到着しました。

林を抜けると、そこには草原があります。
そして、可憐な白い花、ニリンソウです。



素敵〜!!!
雪山が見える、花が咲き乱れる草原、青空。
色鮮やかなテント。
幸せ〜!



キャンプの手続きをして、テントをはろう。

そして、昼ごはんだ〜。
ちなみにまだ朝10時。



サンラータン、作りま〜す!
お湯を沸かして、麺投入!
スープ投入して、最後は卵!
美味しい〜!!
山で食べるラーメン最高。
てか、この中華三昧の「酸辣湯麺」、美味しい。



あんまり見たことないんだけど、今度見つけたら買ってみよ。





そしてデザートは、徳沢ロッジのソフトクリーム!
甘さが控えめで、美味しすぎる〜!
幸せすぎる〜!
明日も食べよ(^^;;

ビール派unaちゃんは、ソフトクリーム→サンラータン→ビールの順番でした。

お腹いっぱい!満足。
テントでのんびりしたり、花の写真撮ったり、好き好きにまったり・のんびり。



しばらくして、山道へGO!
木の根の山道を登ること10分弱。
展望台らしきものもなく、延々山道が続くと聞いたので、下山。
徳沢ロッジの裏側に、猿がたむろしてる。
下にいたスタッフの方が「追い払って」と叫んでいたので、手をたたいたり声だしたりしてみたけど、猿態度デカイ。バカにされてる感満々(笑
そりゃ、そんな風に木登りできないし、ネコバスみたいに電線つたいもできないけどさっ。

そんなこんなで、登山道、15分で終了。
ええわ〜、こういうゆるい感じ。こういうゆるさなら参加できる♪




キャンプ場に戻って来ると、ロッジの辺りに撮影隊がいる。
なんだか小柄な人。
誰だろう・・・⁉

と気になりつつも、登山で動いたから、おやつのホットケーキ作るよ。



ジップロックにホットケーキミックスと卵と牛乳を入れ、混ぜる。
そして、弱火で焼く!

一回目はひっくり返すのに失敗、無残なホットケーキ、、、。



でも、unaちゃんのメイプルシロップとmoriちゃん手作りのイチゴジャムをつけたら、美味しくなりました〜。
中ちょっと半焼けやったけど。



2回目はフライパン1個で焼いて、裏返すのは、もう1個のフライパンに落とす方法にしてみた。
ら、大成功〜!!!

もうね、山でパンケーキ屋さん開けるよ!

ちょいサプライズもしてみたり、たっのし〜♪




で、気になる撮影隊。
ロッジの2階のテラスで絵を描いてる。
距離は10m。
誰やろ〜とガン見してみるけど、分からない・・・
(次の日、画家さんの正体が判明して、大ショックをうけることになります(>_<)

またまたお腹いっぱいで、結局ホットケーキは食べきれずジップロック保存。



お腹空かさないと、夕食 食べれないよ!ということで、今度は梓川の方へ歩いて行ってみることにしました。

橋まで行って大満足。



帰りはボス猿率いる猿軍団にも遭遇。
夕方なので、移動してるのかなぁ。



4時半、キャンプ場に戻ると、なんだか黄昏気分。



そして夜ごはんは、焼き物。
ベーコンや野菜やお餅を焼きました。
飲める組は、ビールと八海山で。

かきたねキッチンの柿ピーもあって、嬉しい。
ベーコンはお取り寄せのすっごく美味しいベーコン。
お餅は、何もつけなくてもお米の味がしっかりしてて美味しかった〜!

6時になると、急に寒くなってくる。テント内飲みに。

朝5時半から活動してるからね、9時就寝。
貸してもらったあったかいシェラフにて、爆睡(*^^*)

2日目に続く


ゆる~いキャンプ部(略してゆるキャン部) の記事一覧。
1日目 朝 上高地バスセンター→徳澤までのハイキング
1日目 昼~夜 徳澤キャンプ場 食べ続ける人々
2日目 歩く&食べる&出会う&プチショック受ける
準備編


テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

上高地・徳沢へ ゆるキャン部vol.1-1 1日目朝 *長野県 上高地*

Category : 信州への旅
5日前に決断!上高地・徳沢のキャンプに参加することにしました。
参加までの葛藤(⁉)&準備編はまた後日。

早朝5時半、上高地バスセンター到着。
少し手前でバスの中から見た、大正池に映る雪山の風景があまりにも美しくて、茫然としてました。
茫然というか・・・寝起きでぼんやり!?かな。




バスから外へ出てみる。
吐く息は白いし、霜がおりてる。
山へ行く装備でなく、ピクニック気分でお昼の温度を想定していた格好の私。
「山をなめてた。凍死する。」と思った(^^;;

私は名古屋からの「名鉄バス」にて、一番乗り!
二番目に到着したのは、大阪から「信州さわやか号」でmoriちゃん。
バスを降りた途端私に手を振って近づいて来てくれました。
「山登りの装備の人の中でその麦わら帽子、分かりやすいわ〜」だって。

そして最後に到着したのは、東京から「信州さわやか号」で来たunaちゃん。
バスの窓越しに手を振ってくれてる。
これも麦わら帽子が浮いてたからかな(^^;;

2週間前、大阪でみんなで会ってるのに3都市から別々に来るところが面白いよね(笑




各自買ってきたパンで朝ごはん完了。
そして私は借りたライトダウンや、借りたゴアテックスを着込んで準備完了!
6時過ぎ出発。




バスセンターから5分ほど、河童橋です。




橋から見た雪山!!
川の水が澄んでいて、美しすぎる。
来て良かった〜!
こんな景色を見ることができて幸せ〜♪



林の中へ。



朝日に照らされて、優しい木漏れ日。
キラキラ。



木々の薄い黄緑色が、目に優しくて癒される〜。



マジメ登山ではないので、ゆっくりのんびり景色を楽しみながら歩きます。



1時間ほど歩くと、明神。



トイレ休憩〜。
10分ほど休んで、また出発。



だんだん陽が昇って、空が青くなって来ました。



いっぱい着込んだ上着が暑くなったので、薄着に戻る。



8時半ごろ、徳沢に到着〜!!
こんなに充実してて、まだ8時半!嬉しすぎる。
楽しい2時間ハイキングでした♪

徳沢はニリンソウが咲き乱れていて、素敵〜!
ここでキャンプです♪

つづく


ゆる~いキャンプ部(略してゆるキャン部) の記事一覧。
1日目 朝 上高地バスセンター→徳澤までのハイキング
1日目 昼~夜 徳澤キャンプ場 食べ続ける人々
2日目 歩く&食べる&出会う&プチショック受ける
準備編




テーマ : 信州
ジャンル : 地域情報

プロフィール

lily-clover

Author:lily-clover
☆大阪中心のおいしいお店訪問記
 ★かわいいカフェが好き。
 ★おいしいランチを食べると幸せ。
 ★たまにはモーニング。
 ★ごくたま~にちょっと豪華なディナーも。
☆大人かわいい旅行記
☆1年1山をめざす、ゆる登山日記

お願い
お店の情報はブログ投稿時のものですので、変わっている可能性があります。正しい情報はご確認下さい。 写真の転載はご遠慮下さい。 リンクフリーです。 リンクしていただける時にコメントいただけると嬉しいです♪
カウンター
since 2012.01.02
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
28位
アクセスランキングを見る>>
おすすめ!
カレンダー 月別アーカイブ
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域カテゴリー
大阪 北摂 (332)
箕面市 (96)
豊中市 (98)
吹田市(万博公園) (97)
池田市 (14)
豊能郡 (4)
茨木市 (16)
高槻市・島本町 (6)
摂津市 (1)
大阪市内 (523)
新大阪・西中島・十三 (26)
梅田 (109)
梅田(グランフロント・ルクア) (30)
梅田(阪急・阪神百貨店) (18)
堂島・北新地 (14)
中崎町・中津 (43)
天神橋筋・天満橋 (25)
福島 (7)
中之島周辺 (37)
京橋・大阪城 (9)
本町 (52)
四ツ橋本町 (10)
南船場 (11)
堺筋本町 (28)
心斎橋 (14)
なんば (14)
天王寺・谷町9丁目 (18)
鶴橋 (7)
住吉 (12)
平野 (3)
東淀川 (10)
南港 (26)
大阪 東部 (6)
大阪 泉南 南河内 (13)
堺市 (6)
泉佐野市・岸和田市 (4)
兵庫県  (158)
伊丹市・川西市 (10)
西宮市 (21)
宝塚市 (8)
芦屋市 (8)
尼崎市 (4)
三田市・篠山市 (8)
兵庫県 神戸市 (67)
兵庫県 淡路島 (9)
兵庫県 西部 (21)
兵庫県 北部 (2)
京都おでかけ (61)
奈良おでかけ (30)
滋賀おでかけ (12)
和歌山おでかけ (13)
三重おでかけ (18)
中国地方への旅 (22)
四国への旅 (22)
九州への旅 (15)
沖縄への旅 (5)
東海地方への旅 (23)
信州への旅 (17)
関東地方への旅 (35)
北陸地方への旅 (17)
東北地方・北海道への旅 (9)
海外旅行 (37)
バンコク旅行 (19)
台湾旅行 (6)
上海・烏鎮旅行 (4)
パリ旅行 (4)
日々のこと (694)
手作り・ハンドメイド (69)
インテリア・雑貨 (41)
整理・収納・片づけ (57)
たまに料理 (26)
ホームパーティ (49)
食べる (111)
ヨガ (44)
スキンケア (38)
とりとめなく (46)
メンタル (24)
読書の時間 (94)
日記 (14)
映画の時間 (81)
未分類 (23)
まとめ (0)
手帳 (0)
人気ページランキング
タグ

カフェ 花火 映画 朝食 梅田 モーニング ルクア スイーツ・パン 博物館 音楽 CITTA手帳 町並み 自然 北海道 ヨガ 洋食 ランチ カレー スープカレー フレンチ 和菓子 将棋 公園 イタリアン 和食 懐石 中華 焼肉 薬膳 スペインバル ベーカリー パン食べ放題 ビュッフェ 肉バル 紅茶 フルーツ   激辛 中華料理 ラーメン 気球琵琶湖  美術館 釜飯 スイーツ バウムクーヘン  建築 バル グランフロント パエリヤ スペイン料理 海鮮 パンケーキ 野菜 鞍馬 貴船 観光地 そば 登山 パワースポット 湯葉 お寺 神社 ハイキング オリーブオイル うどん 堺筋本町 中之島 サンドイッチ 北浜 アクロヨガ 水都大阪 アウトドア レストラン 唐揚げ 本屋 緑に囲まれたお店 鶴橋 空庭Dining 江坂 うなぎ 長野県 諏訪湖 ビール ワイン スパイス スリランカ料理 バー 隠れ家 果物 ご来光 山荘 パン アイス お刺身 お寿司  珈琲 新大阪 お菓子 マクロビ ローフード 豊中 ローケーキ ベジタリアン 新玉ねぎ 空豆 旬のもの 玉ねぎ おうちごはん 梅干 梅酒 クレープ ガレット ホワイティ梅田 おでん 洋風おでん クリームパン 神社・お寺 山田 吹田市 ナポリタン イタリアンバル パスタ 服部天神 建築・イルミネーション アップルパイ コーヒー ステーキ 箕面 日替 中崎町 ポテサラ お土産 熟成肉 丸ビル 屋台 夕日 ウメキタ インテリアショップ タルト 愛媛 松山 団子 母恵夢 鯖江 福井県 眼鏡 ミュージアム 福井 めがね タイ バンコク 福島 食堂 フランス菓子 芦屋 韓国料理 西宮 オムライス リゾート 温泉 温泉卵  仙台 飛行機  富士山 空港 チョコレート チョコ ドライフルーツ ブロッコリー 本に出てくる料理 トレーダージョーズ ピザ ホームパーティー 海外土産 ドミノピザ 旅行 南国 本町ランチ インド料理 夕陽 展望台 景色  甲陽園 ツマガリ タイ料理 アユタヤ ドンムアン空港 スパ 女子旅 マッサージ シーチャン シーチャン島 観光 ワット 世界遺産 自転車 アジアティーク マンゴー 市場 関空 エアアジア LCC アジア 京都 京都タワー ホームパーティ お鍋 ふぐ お酒 居酒屋 マシュマロ 手作り 手土産 ナッツ クッキー 寿司 豊津 リーズナブル 朝活 引き寄せ チーズケーキ ケーキ JR ラテアート キャラクター 鉄道 バーベキュー お好み焼き ウメキタフロア つけ麺 断食 ビンゴ 断捨離 お肉 黒豆 ハム フグ  ロールケーキ 柚子 箕面の柚子 フチ子 エキスポシティ 大阪 ビストロ 太陽礼拝 南青山 わらび餅 東京土産 まめ 東京 朝陽 外ヨガ 朝日 アサナ みかん アート  クリスマスの約束 持ち寄りパーティ 忘年会 キーマカレー 塗り絵 コロリアージュ デコ巻き クリスマス 巻き寿司 ステンドグラスクッキー 話題のレシピ ロマンチック街道 大阪モノレール沿線 小路 豊中市 飲む 飲み放題 正雀 岸辺 シンクロニシティ 食べ放題 メンタル 整理収納アドバイザーのお仕事 お片づけ 収納 感謝 言葉 ウルフルズ 廃墟 ジブリ 瞑想 簡単料理 阪急電車北千里線 アウトレット 心斎橋 滋賀県 竜王 体調管理  北欧 健康 フレンチ・イタリアン 和食・居酒屋 中華・韓国・エスニック M会 懐石料理 献血 アート・美術館・博物館 緑丘 ダスキン 洋食・定食屋 万博公園 景色がいい 北大阪急行沿線 千里中央 マフィン 発行食品 ヨーグルト 麺類・粉モノ 居酒屋・お酒 古民家のお店 収納・片づけ お肉・ステーキ インテリアショップ・雑貨屋さん テーマパーク お米・ごはん・おにぎり 野菜・フルーツ 健康的 お気に入り写真 魚介類 レトロビルにあるお店 プリン かわいい料理 ビュッフェ・食べ放題 モニター イベント ナン 唐松岳 北アルプス キャンプ  名古屋 ヤッサ ライブ フレンチトースト 天六 思ったこと 博多 めんたいこ カツサンド 健康・コスメ 断捨離・収納 景色のいいお店 ハワイ こだわり食材 パラダイス・B級面白スポット ワークショップ・工場見学 水辺のお店 セール・アウトレット・100均 交通・道の駅 お宿・温泉 お城・遺跡 緑に囲まれたお店 パワースポット バーベキュー・ハイキング 美術館・博物館 コスメ 台湾 町あるき 横浜 鎌倉  ゴディバ 青春 伊勢うどん 伊勢 

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
吹田 レストラン
旅行口コミ情報
QRコード
QR
RSSリンクの表示