FC2ブログ

読書 『それってキセキ?』 GReeeeN小説

Category : 読書の時間

それってキセキ [ 小松成美 ]

GReeeeNが好きで、小松成美さんが好きなので、軽〜い気持ちで読んだ本。

こんなに面白いとは(*^^*)

GReeeeNって歯科医で歌手としても成功して、人生うまく行った人達って勝手に思ってたんだけど。

彼らはそれまで順風満帆では決してなかった。

でも本当に好きなことに出会って、それにまっすぐ向き合うとキセキみたいなことが起こる。

でもそれってキセキじゃなくて必然な気がする。

ワクワクすること、そして行動すること。

いろんなことが腑に落ちる。

久しぶりにCD聞こうっと♪

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

クリスマスの約束2015 ~ ド・レミの子守唄

Category : 読書の時間
毎年12月24日の深夜に放送されている「クリスマスの約束」という音楽番組が好きです。

毎年楽しみにしていて、テレビをデジタルに変えてからは毎年録画しています。





しかもその録画を、お正月休み中、何回も何回も見てしまいます。


音だけ聞きながら掃除したり、風邪で遊びに行く約束をキャンセルした時もビデオを見ていたり、そのうち一緒に歌ったり、、、

お気に入りの曲はもう本当に何回も何回も見てしまう。


2015年は小田さんとトライセラトップスの和田唱さんのハモりがすごく良かったです!
トライセラトップスの歌は全く聞いたことがないのですが(^^;;

和田唱さんの楽しそうに歌う姿がいいなぁと思っていたら、お正月、たまたま出会った本がこれ!



ド・レミの子守歌 [ 平野レミ ]

ド・レミの子守歌 [ 平野レミ ]
価格:781円(税込、送料込)


平野レミさんの子育て日記。



子育てを楽しんでいる平野レミさんの日記は楽しくて、愛情いっぱい。

そして最後にその息子である和田唱さんが感想を書いているのですが、これがすごくいいんです。

授業参観で普通のお母さんではいられないレミさんを疎ましく思っていた思春期。

彼は母のこのコラムを読んで、なんと人間的で理想的な母に育てられたのかを改めて知り、ごめん!ごめん!ごめん!と謝る。

まぁでも、授業参観で黙ってられないとか、吹奏楽部の演奏で踊りだしちゃうとか、思春期の男子には耐えられないよね~(笑!

今0歳児子育て中の友達に今度プレゼントしよっかな〜なんて思ってます。





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
1月の 習慣化チャレンジ 
「朝ヨガ・夜の5分座る を丁寧に行う」(12月から引き続き)
「週一断食」(1月新規)

1/5
○朝:朝ヨガ 今日はシルシアサナで自立できなかったな〜。
○夜:5分座る。なんだか居心地が悪く、5分が長く感じた。

●1日断食
断食前日の減食さえできれば、断食の日はあまり何も思わず食べずにいられる。
今日は13時と17時に紅茶を飲み、21時に梅干入玄米茶を1杯。
自分が断食している!ということに囚われなければ、簡単になってきた。
問題は明日の回復食が成功するか。
さ、早く寝ちゃおう。


にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

読書 〜 心と体がスッキリする「1日15分」瞑想法

Category : 読書の時間
こんにちは。
今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます(*´v`)


ヨガをしている というと、ストレッチ的なものをしている と思われがちだけど、身体をほぐすだけではないのです。

ヨガはサンスクリット語の「ユジュ」(牛や馬と車をつなぐ軛)が語源なんだそうです。

心と体をつなぐ、心と体を神とつなぐ とかそういことらしいんです。


だから、私がヨガに行く というと、職場のおっちゃんが「今日も体操行くんか?」と言われるのがとてもイヤ(笑

まぁその人にどう思われてもいいから、反論せず言わせておくけど(笑


身体の方はアサナをすること、心の方が呼吸法とか瞑想とか。

私にとっては、これがなかなか難しい。


そんなときに見つけた



★心と体がスッキリする 1日15分瞑想★


瞑想 がなぜ必要か がとってもクリアになります。

筋肉を鍛える時に 「収縮させる」「伸ばす」「休む」という3つの要素が必要なのに、頭は延々と考え続けている。

負荷をかけ続けている状態。

頭を休ませる状態「無思考」状態を作ることで、邪魔なごみがとりのぞかれて、能力がアップする。

そう言われると、なるほど~と思います。




★心と体がスッキリする 1日15分瞑想法★


「0」という概念を発見したのはインド人だそうです。

思考を0にする「無思考」

それが瞑想によって実現するそうです。


興味があったら読んでみてくださいヽ(´∀`)ノ


よかったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
ありがとうございます。更新の励みになります❤





テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

読書 ~ 目は1分でよくなる!

Category : 読書の時間
こんにちは。
今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます(*^_^*)



★目は1分でよくなる★


最近このを読み、の周りをマッサージしています!

今年の春急に視力が下がり、かといって周りで何人かやっているレーシックは怖いし。

元でも、これを継続して、これ以上下がらないようにしたいなぁと思ってます。

なんでも、一気によくなるなんていうのは魔法か手術で、毎日コツコツの積み重ねが変化のためには大切ですよね〜。

ちなみに1分はいいすぎだと思います(^^;;







よかったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
ありがとうございます。更新の励みになります❤





テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

読書 ~ ホ・オポノポノライフ

Category : 読書の時間
こんにちは。
今日もブログにお越しいただきありがとうございます(#^.^#)

9月からあれ?あれ?と思うことが続き、ちょっとパワーダウン気味でした。

自分自身の原因不明の体調不良、家族のケガ、状況や気持ちの浮き沈み、過食、試験・・・

そんな時に読んだ本。



★ホ・オポノポノ ライフ ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる  カマイリ・ラファエロヴィッチ 著★


この本もAさんが勧めてくださった本。

なんだか沁みました。

この本に出会うのが今というのが、まさにタイミングなのだと思いました。

少し前だったら読み流していただろうな、と思ったから。

ホ・オポノポノとヨガは共通点が多く、スッと腑に落ちる部分もありました。


やってくることに意味づけをせず、ただやってきたこととして受け止めることがなかなか難しい時に、ホ・オポノポノの考え方はいいかもしれない。

今も十分面白いことになっているけど、さて次はどう来る?

なかなか人世面白い。

今のところそう思えているのは、ヨガとこの本のおかげかな。



よかったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
ありがとうございます。更新の励みになります❤







テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

読書 ~ 羊と鋼の森 ~

Category : 読書の時間
こんにちは。
今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます(*^_^*)


久しぶりに、読書タイムを楽しみました。

以前ほど読書を楽しめなくなっています。
文字が頭の上を素通りして、入っていかない感じ。

だから読書量も減っています。

その分、面白い!と思える本に出会えると嬉しいです。



★羊と鋼の森  宮下奈都 著★


最初にこのタイトルを見た時、女優の吉田羊さんと俳優の吉田鋼太郎さんの顔が思い浮かびました。
全く違います! 全然関係ありません(笑


ピアノの調律師の話ではありますが、仕事・生き方の話であり、ヨガ的であると思いました。

ヨガ的であると思った部分はこの辺り。


■ピアノに出会うまで、美しいものに気づかずにいた。知らなかった、というのとは少し違う。僕はたくさん知っていた。ただ気づかずにいたのだ、
その証拠に、ピアノに出会って以来、僕は記憶の中からいくつもの美しいものを発見した。


■自分が迷子で、神様を求めてさまよっていたのだとわかる。迷子だったことにも気づかなかった。神様というのか、目印というのか。この音を求めていたのだ、と思う。・・・
目印を探して歩いていけるということは、僕も神様を知っているということだ。見たことはない。どこにいるかもわからない。だけど、きっと、いるのだ、だから美しいものがわかるのだ。そう思えることがうれしい。うれしいという言葉じゃ足りない。ここにいることをゆるされたようなよろこび。・・・

僕がピアノの中に見つけたのは、その感覚だ。ゆるされている、世界と調和している。・・・


■「よくわかりません。無駄ってどういうことを言うのか」
何ひとつ無駄なことなどないような気がすることもあれば、何もかもが壮大な無駄のような気もするのだ。
「そういうのを無駄って概念がないっていうんだし、もっと言えば無駄という言葉を知らないことになるんじゃないか。・・・外村はなんにも知らない。それがすごいと思う。」


■「才能っていうのはさ、ものすごく好きだっていう気持ちなんじゃないか。どんなことがあっても、そこから離れられない執念とか、闘志とか」

「才能とか、素質とか、考えないようにしな。考えたってしかたがないんだから。
ただ、やるだけ。
才能がなくたって生きていけるんだよ。早くに見えることよりも、高く大きく見えることのほうが大事なんじゃないか」
ほんとうにわかったのかと聞かれれば、自信はない。だけど、真実だと思う。才能が、あるから生きていくんじゃない。そんなのあったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。


■もしかしたら、この道で間違っていないのかもしれない。時間がかかっても、まわり道になっても、この道を行けばいい。何もないと思っていた森で、なんでもないと思っていた風景の中に、すべてがあったのだと思う。隠されていたのでさえなく、ただ、見つけられなかっただけだ。



ピアノを習っていたころ、一年に一回来てくれていた調律師さんのことを思い出そうとしました。
人のことは覚えていないけれど、いつも閉じられているアップライトピアノの上からのぞきこんで、なんでこんなので音がなるんだろう?と不思議に思ったことを思い出しました。
学校の音楽室でグランドピアノを上から見ても、この不思議な感じはずっとあって、動く様を見るのが好きでした。

今はお友達の子供さんとかみんな電子ピアノで、周りへの騒音のことを考えると電子はいいけれど、本当のピアノの音がやはり好き。
ピアノを弾きたいな~なんて久しぶりに思いました。 もうぜ~んぜん弾けないけどねぇ(笑


よかったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
ありがとうございます。更新の励みになります❤





テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

8月の読書メモ

Category : 読書の時間
2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:942ページ

三人屋三人屋
読了日:8月2日 著者:原田ひ香

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)
読了日:8月15日 著者:
二百年ぐらい前の人の言葉が、今の自己啓発本と同じようなことを言っているすごさ。
時代背景が違うのにすごい。

ウドウロクウドウロク
読了日:8月22日 著者:有働由美子
有働さんは自分のブラック面についてクロウドウって書いてるけど、全然黒くないと思う。
さらに有働さんが好きになりました。

すべては宇宙の采配すべては宇宙の采配
読了日:8月29日 著者:木村秋則
ayakaさんが面白いと言っていたことで読んでみたいと思った、奇跡のリンゴの木村さんの本。
龍、時間が止まる話、UFOなどの話が出てきます。
今目に見えていることなんてほんの一部であり、今の常識は100年後には違うかもしれないと思うようになっているせいか、、興味深くすんなりと読めました。

無農薬のリンゴ栽培に成功するまでの、家族の話、銀行の方の話、木や枝に目をむけるのではなく、土や根っこのこと。
その話のタイトルが「許された日々」
やらざるを得ないレールが初めから敷かれていた。
お釈迦様の手の上にいた孫悟空と同じで、宇宙が用意した舞台の上で踊らされていただけ。
「本当の自分」に気づいた時が、「許された」ということなのかなぁと、ヨガで学んでいることとなにか共通点があるような気がしました。



読書メーター

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

7月の読者メモ

Category : 読書の時間
2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:547ページ

あの家に暮らす四人の女あの家に暮らす四人の女 著者:三浦しをん
読了日:7月18日
母と娘と友人と友人の後輩が一つ屋根の下暮らす。大きなことが起こるのではなく日常に小さな事件が淡々と起こります。でもね、突然「河童のミイラが父かも」説が出てきたり、突然近所の烏が真相を語りだしたり、「なんだそれ?」って声にだして言っちゃうような面白さが三浦しをんさんぽい。

気になったフレーズ
●経済的に自立し、一人で生きられることはべつに大人の証ではない。譲りあったりぶつかりあったりしながら、それでも誰かとともに生きていける能力の保持者こそを大人というのかもしれない。
●「どういう関係を目指すのがベストなんだろ」
「そりゃあお互い『こうしないと』とか『こうしてほしい』 って考えをやめて、自分と開いてに対して広い心を持つのがベストでしょうね。」
●全部を手に入れることなんてできないもん。なにを選ぶかは其の人次第だよ。選んだつもりはなくても、気づいたらそれしか手の中に残っていなかったってこともあるだろうし。そういいう意味では誰だってさびしい。
●幼かったころ、夜を迎えるたび得たいの知れぬ恐怖にさいなまれていたものだ。あれはなんだったんだろう。どうしてあの感覚を忘れ、大人として平然と暮らしていけるようになったんだろう。

この幼かったころのくだりはとっても共感。なんであんなに怖かったんだろう。宇宙とか死とか考えると怖くて怖くてたまらなかった子供の頃。そして今はそんなことぜんぜん忘れていた。こういう気持ちを思い出させてもらうのも本の楽しさかも。



フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~ 著者:ジェニファー・L・スコット
7月20日
感想は一昨日のブログで😄

読書メーター




よかったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ
にほんブログ村
ありがとうございます。更新の励みになります❤



テーマ : シンプルライフ
ジャンル : ライフ

6月の読者メモ

Category : 読書の時間
2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1248ページ

過ぎ去りし王国の城過ぎ去りし王国の城
読了日:6月6日 著者:宮部みゆき
う~ん、悲嘆の門よりは読めたけど、、、またも別世界物・・・。

ラプラスの魔女ラプラスの魔女
読了日:6月7日 著者:東野圭吾
う~ん。

ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫)
読了日:6月11日 著者:手塚治虫
感想こちら

イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
読了日:6月20日 著者:乾くるみ
最後にひっくり返される・・・なるほど~。やっと途中からのもやもやしたわけが分かったよ。
これ映像でやるのってどうやるんだろう?

片付けたくなる部屋づくり ~古い2Kをすっきり心地よく住みこなす「片付けのプロ」の暮らしテクニック65~ (美人開花シリーズ)片付けたくなる部屋づくり ~古い2Kをすっきり心地よく住みこなす「片付けのプロ」の暮らしテクニック65~ (美人開花シリーズ)
読了日:6月21日 著者:本多さおり

読書メーター

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

手塚治虫の『ブッダ』を読んでみた

Category : 読書の時間
お釈迦様の言葉→http://matome.naver.jp/m/odai/2135333992251459601
を読んでいたら、ヨガで学んでいる心の持ち方と類似しているなぁと思い、お釈迦様に興味を持ちました。

次の日フェイスブックで、先輩のお子さんが手塚治虫のブッダや火の鳥を読んでいる という投稿が目に入ってきました。

マンガという手があったなぁ。

早速、図書館で借りてきて読んでみました。

読み始めて最初の所で驚く。
ウサギの話、これ読んだことある。

この話と因幡の白うさぎの話が自分の中でごっちゃになっていた記憶もあります(^^;;

アーナンダ、リーラ、アヒンサー、
聞いたことのある言葉が、登場人物の名前で出てくる!

読み応えがありました!

読んだ後に、主要な登場人物がかなりの割合で手塚治虫氏の創作だということを知りました。
氏自身「ブッダ」という作品は、仏典を正確に漫画化したものではなく、フィクションをたっぷり詰め込んだ手塚版の宗教SF作品として読んでほしいと言っていたそうです。
→http://tezukaosamu.net/special/buddha/index.html

なるほど。

なんとなく仏教のエッセンスがわかり、マンガとして楽しめました。





お釈迦様もヨガしてましたよ〜(*^_^*)


参考になるシンプルライフのブログがいっぱい。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
私もシンプルライフめざしてがんばります♪



テーマ : ヨガ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

4月の読書メモ

Category : 読書の時間
2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1007ページ

スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せましたスリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました 著者:わたなべぽん
4月11日 やはり習慣だなぁ。
新・片づけ術「断捨離」新・片づけ術「断捨離」 著者:やましたひでこ
4月18日 勉強、勉強。
不思議なくらい心がスーッとする断捨離 (王様文庫)不思議なくらい心がスーッとする断捨離 (王様文庫) 著者:やましたひでこ
4月18日 収納とヨガ、やってることかま繋がったなぁ。
ナイルパーチの女子会ナイルパーチの女子会 著者:柚木麻子
4月18日 怖っっっ。
乙女の山登り 春夏秋冬 季節ごとに楽しむ山案内 (Hutte BOOKS)乙女の山登り 春夏秋冬 季節ごとに楽しむ山案内 (Hutte BOOKS) 著者:
4月19日 山行きたいなぁ。

読書メーター


参考になるシンプルライフのブログがいっぱい。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
私もシンプルライフめざしてがんばります♪



テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

3月の読書メモ

Category : 読書の時間
こんにちは。
今日もブログに起こし頂きありがとうございます(*^_^*)


村上海賊の娘 上巻村上海賊の娘 上巻
著者:和田竜
村上海賊の娘 下巻村上海賊の娘 下巻
著者:和田竜
海賊と呼ばれた男が面白かったので読んだのですが、同じ海賊でも全く違う時代の全く違うお話でした(笑
時代背景やいっぱい人が出てくるのでなかなか読み進められなかったです。


白蓮れんれん (集英社文庫)白蓮れんれん (集英社文庫)
著者:林真理子
朝ドラ「花子とアン」の蓮様こと白蓮さんのお話。
ちなみに花子は出てきません。最後に名前だけちょっと出てきます。
ドラマの蓮様とはかなりイメージ違います。
白蓮と龍介の手紙がすごい。
伝右衛門(「花子とアン」の嘉納伝助さんです)の子孫である伊藤家が取材協力をしたこともすごいと思いました。
蓮様の「私は幸せになることを決して諦めなかった」という言葉が印象的。


2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1403ページ


よかったらクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
ありがとうございます。更新の励みになります❤







お土産でもらったたい焼き❤️
たい焼きなんて、久しぶり!


参考になるシンプルライフのブログがいっぱい。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
私もシンプルライフめざしてがんばります♪



テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

2月の読書メモ

Category : 読書の時間
2015年2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1040ページ

悲嘆の門(上)悲嘆の門(上) 著者:宮部みゆき
読了日:2月10日
悲嘆の門(下)悲嘆の門(下) 著者:宮部みゆき
読了日:2月12日
最近この世のものではないものが絡むミステリーが多い宮部さん。かつて「火車」の凄さにはまって宮部作品を読むようになった私としてはちょっと寂しい。どうも引いた目で見てしまう。そういえば完全異世界ものの「ドリームバスター」の続きはどうなったんだろうか。


ヤマケイ新書 山の常識 釈問百答ヤマケイ新書 山の常識 釈問百答 著者:釈由美子,萩原浩司
読了日:2月16日
山と丘のちがい、とか、聞きたいけど今更聞けないような質問に対しての答えがあって面白かった。

読書メーター


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

1月の読書メモ

Category : 読書の時間
2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2311ページ

おまえさん(上) (講談社文庫)おまえさん(上) (講談社文庫) 著者:宮部みゆき

おまえさん(下) (講談社文庫)おまえさん(下) (講談社文庫) 著者:宮部みゆき
人が人をどう思うかということなど、何かの拍子にころりと変わるのだ。掌を返せば雨、掌を返せば雲。今まで見くびっていて、相済まぬ。

愛情というものもまたー育てるものなのだろう。赤ん坊はいい。育ってゆくのが目に見えるから、わかり易いだろう。男と女の場合は、育っているものが目に見えん。そも育っているかどうかさえわからん。だから厄介ーなんだろうなあ。

印象に残った文。



花野に眠る (秋葉図書館の四季)花野に眠る (秋葉図書館の四季) 著者:森谷明子


鴨川食堂おかわり鴨川食堂おかわり 著者:柏井壽


早稲女、女、男早稲女、女、男 著者:柚木麻子


感想をメモしていたのだけど、メモがなくなりました。
読後感じたことを、ふんわりと思い出せるけど、文字化できないσ(^_^;)


ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
読了日:1月31日 著者:三上延
「晩年」太宰治 より
「お前はきりょうがわるいから、愛嬌だけでもよくなさい。
お前はからだが弱いから、心だけでもよくなさい。
お前は嘘がうまいから、行いだけでもよくなさい。

という言葉が印象的。



読書メーター



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

12月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1662ページ

日御子日御子  著者:帚木蓬生
読了日:12月13日
卑弥呼のお話かと思いきや、金印から始まって卑弥呼の先まで、何代にも渡る通訳を仕事とする「あずみ」一族の話でした。「あずみの教え」は現代にも必要な教えだなぁ。

「あずみ」の教え
ひとつ 人を裏切らない

ふたつめ 人を恨まず、戦いを挑まない 争いをすれば、天の恵みが受けられない
邪悪な心を抱いた人間は、天の眼に見えなくなってしまう

三つめ 良い習慣は才能を超える
毎日毎日、同じことを一生懸命繰り返すと、最初は下手でも、必ず上手になる。

江女の教え
人は働いているときが一番幸せなのだよ。骨休めなどしなくていい。仕事の中味を変えるのが骨休めなんだよ。体を休めるのは寝るときだけだ



日暮らし(上) (講談社文庫)日暮らし(上) (講談社文庫)  著者:宮部みゆき
読了日:12月19日
日暮らし(下) (講談社文庫)日暮らし(下) (講談社文庫)  著者:宮部みゆき
読了日:12月21日
再読。弓之助ちゃん&おでこちゃんコンビがかわいい。なんだかいろいろせつないなぁ。


ぼんくらぼんくら  著者:宮部みゆき
読了日:12月31日
日暮らしの前の話も読みたくなったので、ぼんくら再読。
弓之助はものすごい存在感だったけど、話の途中からの登場だったんだな。
こちらもなんだかせつないなぁ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

11月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1202ページ


アイネクライネナハトムジークアイネクライネナハトムジーク 著者:伊坂幸太郎
読了日:11月1日
面白かった〜‼︎ 伊坂さんの本では珍しく普通の人しか出てこない本。伊坂さん作品の中で一番好き!
恋愛がテーマのリンクしてる短編集なんだけど、その繋がり方が上手い!知り合いという横つながりだけでなく、時間の経過でも繋がっているので、横と縦に展開する迷路のよう(^^;; 登場人物がみんな軽快だから読みやすい。後書きに「悲観的な中で楽観的な話をしたい」というのが僕が描きたい世界 とあり、なるほど〜と思いました。本作は悲観的ではないけどね。

言葉のセンスがすごく好きです。

「ミッキーはあっちを向いてもこっちを向いても、ずっと手を振ってるんだよ。でな、あれは結構きついぞ。それをあいつはずっとやってんだよ。大したもんだよ。相当、疲れるぞ。あれが仕事だと言ってもな、普通はできねえよ」
「仕事とか言わないでくださいよ」
「ミッキーはしかも、顔色一つ変えないんだぞ」
「顔色って」
「課長、その話から何を読み取ればいいんですか」




トオリヌケ キンシトオリヌケ キンシ 著者:加納朋子
読了日:11月2日
トオリヌケキンシの表題通りの困った事態・袋小路でもどこかに抜け道があるよって言ってくれてるような短編集。「トオリヌケキンシ」と「座敷童と兎と亀と」が好きだなぁ。



物語のおわり物語のおわり 著者:湊かなえ
読了日:11月5日
連作短編集。「空の彼方」という中途半端に終わっている小説が北海道を舞台にいろんな人の手に渡って行く。それぞれの人生の数だけその小説のラストがある。自分だったらどういうラストにするだろう?最後、こうつながるのか〜!と。「山女日記」のような毒々しさのないストーリーでした。



キャロリングキャロリング 著者:有川浩
読了日:11月30日
有川さん、ちょっと作風変わってきたような気がする。坂木司さんの雰囲気をミックスしたような感じ。面白かったです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

10月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1366ページ


シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫) 著者:有川浩
読了日:10月9日
再読。軽く楽しく読める〜。演劇の世界をお金の観点で描くっていう発想は、さすが有川さん!鉄血宰相だけど実は優しい司兄ちゃん、かっこいい〜!

フォルトゥナの瞳フォルトゥナの瞳 著者:百田尚樹
読了日:10月13日
途中、東野圭吾さんの本を読んでいるような気持ちだった。百田さんって作品によって作風が全然違うなぁ。

シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫) 著者:有川浩
読了日:10月19日
再読。1巻ほどの勢いはないけど、さてどうなるのかな?と3への期待。

3時のアッコちゃん3時のアッコちゃん 著者:柚木麻子
読了日:10月26日
ランチのアッコちゃんの続編。相変わらずアッコさんは素敵!4編の短編集。最初2編はアッコさん大活躍で、スカッとする〜。後2編は舞台が関西になり、面白かったけど、アッコさんにもっと出てきて欲しかったなぁ。それにしても関西人て町みんな知り合いで誰でも喋りかけるみたいに書かれてるけど、岡本も梅田もそういう系の町ではないと思ひます。

シンプル手美容 手だけでできる最強美顔メソッドシンプル手美容 手だけでできる最強美顔メソッド 著者:瀬戸口めぐみ
読了日:10月28日
図書館で借りて読んでみる。ヨガをやりはじめて思ったのは、健康グッズがなくても自分の体だけでできるほぐし方や美容の方法がいくらでもあるってこと。中でも手は「手当て」というぐらいだからすごいツール。ただ続けることができるかどうかが問題なんだ・・・(^^;;

読書メーター


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

9月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年9月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2679ページ

銀翼のイカロス銀翼のイカロス
読了日:9月1日 著者:池井戸潤
半沢直人新作。今度は航空会社と政治家。

荒神荒神
読了日:9月6日 著者:宮部みゆき
進撃の巨人を思い出してしまうシーンあり。

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)
読了日:9月7日 著者:柚木麻子
違う方向にめちゃくちゃエネルギッシュな片思い。面白かったです。そこまで惚れられる西島くんの魅力が伝わって来ないのも、片思いという思い込みだからか、と。

敬語で旅する四人の男敬語で旅する四人の男
読了日:9月10日 著者:麻宮ゆり子
微妙な距離感がいいな、と。

マスカレード・イブ (集英社文庫)マスカレード・イブ (集英社文庫)
読了日:9月21日 著者:東野圭吾
マスカレードホテルを再読したくなりました。

こうして、思考は現実になるこうして、思考は現実になる
読了日:9月21日 著者:パム・グラウト
友達が貸してくれた。

美人はコレを食べている。~食べるほど綺麗になる食事法美人はコレを食べている。~食べるほど綺麗になる食事法
読了日:9月28日 著者:木下あおい
久しぶりに本を買いました。これ読んで、我が食生活を反省。

常備菜常備菜
読了日:9月28日 著者:飛田和緒
これも買った。使える!

エデンの果ての家エデンの果ての家
読了日:9月29日 著者:桂望実
家族の難しさ。思い違い、記憶違いのすれ違い。兄と弟はどちらが辛かったんだろう。

読書メーター



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

8月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年8月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1875ページ

下ごしらえなし!凍ったまま調理!史上最ラク フリージング大革命 (講談社のお料理BOOK)下ごしらえなし!凍ったまま調理!史上最ラク フリージング大革命 (講談社のお料理BOOK)
読了日:8月1日 著者:村田裕子


1バーナークッキング (012OUTDOOR)1バーナークッキング (012OUTDOOR)
読了日:8月7日 著者:山戸ユカ


オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴンオール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン
読了日:8月9日 著者:小路幸也


ペコさんの 暮らしを楽しむ、お掃除エッセンスペコさんの 暮らしを楽しむ、お掃除エッセンス
読了日:8月10日 著者:おそうじペコ


天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)
読了日:8月13日 著者:高田郁
何年もずっと読んでいたみをつくひ料理帳シリーズが終わってしまった。最後はどどっと全部解決。そうなったかぁという感じ。


ビーズランプ 手づくりで楽しむ (Heart Warming Life Series)ビーズランプ 手づくりで楽しむ (Heart Warming Life Series)
読了日:8月16日 著者:サコウダイスケ


海賊とよばれた男 下海賊とよばれた男 下
読了日:8月16日 著者:百田尚樹
出光の社長さんがモデルなんですねぇ。出光ってこんなすごい会社だったんだなぁ。主人公と社員達の苦難にめげず突き進む姿もすごいけれど、銀行や国など自分の首をかけてでも協力しようとしてくれる男気ある人たちがいることにすごいと思った。


明日の子供たち明日の子供たち
読了日:8月31日 著者:有川浩
児童養護施設のお話。ある施設で生活している子から届いた手紙が執筆のきっかけになったそうです。有川さんはあるテーマを重いテーマとしてではなくさらっと楽しんで読めるストーリーにしてしまうという腕がすごいと思う。中に出てくる本を読むことの意義は、本当にそうだなぁと思った。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

7月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1341ページ

流星ひとつ流星ひとつ
読了日:7月5日 著者:沢木耕太郎
宇多田ヒカルさんのお母さんである藤圭子さんが電撃引退した時に、沢木耕太郎氏がインタビューしたノンフィクション。
藤さんのことを全く知らないので、フラットな状態から読むことができました。
この作品を書き上げていたにも関わらず、藤さんの今後を考えて出版しなかった沢木氏や編集者がすごいなと思った。
そしてこのタイミングで出版するに至った気持ちも。
最後まで読んでから、「流星ひとつ」というタイトルのなんと素晴らしいことかと思いました。

初恋料理教室 (一般書)初恋料理教室 (一般書)
読了日:7月8日 著者:藤野恵美
料理をするようになると、ちゃんと料理を習いたくなる。こんなお料理教室があったら行ってみたいな。

永遠の0 (ゼロ)永遠の0 (ゼロ)
読了日:7月16日 著者:百田尚樹
一気に読みました。当時の方がいて今の日本があるのだから学ばなければいけないと思いつつ、本を読んだり映画を見てしんどくなることが多くて、最初から敬遠してしまいます。これも小学校の時に戦争ものの映像とかを見せられて吐いてしまったことが尾を引いているのかもしれないんですが・・・。知覧に行った時に見た青年達が家族にあてた手紙を思い出しながら読みました。10代の死にゆく青年達の手紙のあまりの達筆さ、両親を思いやる内容を。零戦を作った人の話である、映画「風立ちぬ」も見たいと思いました。

山女日記山女日記
読了日:7月21日 著者:湊かなえ
湊かなえさん、こういうのも書くんだな~というのが印象。「告白」以来、ちょっと怖い感じの話を書く人だと思っていたから。悩みをかかえた女性が登山する連作。山ガールはみんな悩みをかかえているから山に登るのか?と以前読んだ「8月の6日間」を思い出しながら思った。

読書メーター


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

6月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1876ページ

氷壁 (新潮文庫)氷壁 (新潮文庫) 著者:井上靖
6月8日 上高地、徳沢へ行ったので。
昔の小説って表現が美しいなぁ。

八月の六日間八月の六日間 著者:北村薫
6月14日 また山ネタ。山登りする女の人のお話。
エッセイ的な小説。

ホリデー・インホリデー・イン 著者:坂木司
6月18日 別の小説のスピンオフ。その小説を読んだのが昔すぎてうろ覚え。

海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上 著者:百田尚樹
6月21日 面白い!最初から惹きつけられる〜。こんな会社や社長は理想だな。

ヒカルの卵ヒカルの卵 著者:森沢明夫
6月26日 田舎にあるたまごかけごはんのお店、、、実際に聞いたことあるなぁと思っていたら、そこをモデルに書いた小説だったのね。


読書メーター

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

5月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:6冊   読んだページ数:1769ページ

太陽の棘(とげ)太陽の棘(とげ)   著者:原田マハ
5月3日 戦争直後の沖縄にニシムイ美術村というコミュニティがあったこと自体を知らなかった。とても力強い作品で、さらりと読めるのだけどしんどくなる部分もあった。

アンダスタンド・メイビー〈上〉アンダスタンド・メイビー〈上〉   著者:島本理生
5月6日 どんどん堕ちて行く主人公なんだけど、読むのが止まらない。こんなことになってしまって下巻どうなるのか楽しみ。

アンダスタンド・メイビー〈下〉アンダスタンド・メイビー〈下〉   著者:島本理生
5月11日 主人公の親子関係の過去が明らかになる。主人公は自分を助けてくれる神様を求めているけれど、だれも神様にはなれないし、それを求められてもはムリだと思う。それでも最後は希望が見えるので読後感はよかった。

本屋さんのダイアナ本屋さんのダイアナ   著者:柚木麻子
5月22日 すっごく面白かった~!柚木さんの本好きだわ。
今特に、NHKの朝ドラも赤毛のアン関連だし。
「私の呪いを解けるのは、私だけ」というのがすごく印象に残った。


まぐだら屋のマリアまぐだら屋のマリア   著者:原田マハ
5月29日 読書メーターを見ていたら、コメントに「料亭の食品偽装」と「高校教師」のミックスみたいなことが書かれていて、なんて的確なんだろう~!と思ったわ。「尽果」という土地名を見て奈良の「果無」を思い出した。

嘆きの美女嘆きの美女    著者:柚木麻子
5月31日 本屋さんのダイアナにも共通するんだけど、女の人の持ってるコンプレックスや妬みみたいな感情をうまいこと書くなぁって思います。ここまで強烈ではないにしても多かれ少なかれ共感できる部分がある。

読書メーター

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

4月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:4冊  読んだページ数:887ページ

ユニコーン―ジョルジュ・サンドの遺言ユニコーン―ジョルジュ・サンドの遺言   著者:原田マハ
4月2日
貴婦人と一角獣展を見に行ったので読んでみました。→以前のblog
おもしろくなりかけたと思ったら終わっちゃって、消化不良。続くみたいなので、楽しみにします。


鴨川食堂鴨川食堂   著者:柏井壽
4月6日
出てくるお料理がとっても美味しそう。


忘れ物が届きます忘れ物が届きます 著者:大崎梢
4月29日
過去の忘れたいけれど忘れられない出来事 が届いてしまう・・・。後から気付く真実。そういう忘れ物。でも読後感がいいのは大崎さんならではの感じ。


夢を売る男夢を売る男  著者:百田尚樹
4月29日
ずっと読みたいと思っていたのだけど、初百田さん。すごく面白かった。止まらない。一見詐欺のようなひどいことをしているのに、考え方に一本筋が通っている。最後がよかったなぁ。

読書メーター

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

3月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2288ページ

横道世之介横道世之介
読了日:3月5日 著者:吉田修一
すごく素敵なお話でした。
バブルの時代に、マイペースな主人公が上京し大学で過ごす1年間。
何かすごい出来事が起こるわけでなく、淡々とふわふわとした日常。

まわりの人達が、後から世之助のことを思い出すシーンがすごくいいなと思った。
世之助は、どこにでもいそうで、どこにもいない人。

映画にもなってるそうで、祥子さんが吉高由里子さんっていうのは、いいなぁ。
見たくなりました。

と書いてたら今日からNHKの朝ドラは吉高由里子さんが主役だったわ!


さよなら渓谷さよなら渓谷
読了日:3月9日 著者:吉田修一
読んでいるだけでじりじりとした夏の暑さを感じます。
そして男女の複雑な感情。
酷い内容なのに、止まらなくなる。

「どこまでも不幸になるためだけに、私たちは一緒にいなくちゃいけない」
という加奈子の言葉があまりにも・・・。


1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
読了日:3月21日 著者:村上春樹1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
読了日:3月25日 著者:村上春樹1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
読了日:3月29日 著者:村上春樹

ヤナーチェクのシンフォニエッタ。
目に浮かんだのはojaが踊るようにティンパニーをたたく姿。
それは楽器を叩いてるというより踊っているイメージ。
吹奏楽団に所属していた時にコンクールの自由曲で演奏した曲だ。懐かしい。

最初のシーンはラジオから流れるシンフォニエッタ・・・確かに異世界へ迷い込むにふさわしい、一風変わったファンファーレだ。
私は10代の時、村上春樹が読めない人でした。なにが面白いのか全く分からない。20代になってから、読むことはできたけど、人が騒ぐほど面白いとは思えなかった。
1Q84はそんな私がやっと面白いと思えた村上作品。
読んでいると、浅間山荘とかエホバとかオウムとかが下敷きにあるのかな?と思っていたんだけど、どうなんだろう?
1.2はすごく面白かった。
3はまとめに入った感じ。
そして、これだけ広がった話なのに、最後はただラブストーリーなのにはびっくりしたよ、わたしゃ。(まるこちゃん風)

こどものおもちゃ 全10巻完結(りぼんマスコットコミックス ) [マーケットプレイス コミックセット]こどものおもちゃ(りぼんマスコットコミックス ) [マーケットプレイス コミックセット]
読了日:3月26日 著者:小花美穂

先日も書いたけど。

登場人物は小学生。
ストーリーだけ見るとすっごいシリアスなのに、主人公のポジティブさでコメディっぽくなっちゃってるすごい漫画。
これ子供の時に読んでてもそういうとらえ方できなかっただろうな。
7巻までしか読めなかったわ。
続きも読みたい。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

2月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2308ページ

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)彼女のこんだて帖 (講談社文庫) 著者:角田光代
料理にまつわる短編集。借り本。悲しいことがあっても、ごはんを食べて生きていかなきゃいけない。やさしい気持ちになれる一冊です。

あの頃の誰か (光文社文庫 ひ 6-12)あの頃の誰か (光文社文庫 ひ 6-12)    著者:東野圭吾
これも借り本。わけあり短編集。あの長編の元になったネタだな~とか、ちょっとにやりとしてしまう。

女たちは二度遊ぶ (角川文庫)女たちは二度遊ぶ (角川文庫)   著者:吉田修一
わりとダメダメな男女間の短編集。男の人はこういう風に女の人を見ているのかなぁと思った。でも読んだ後にあまり残らなかったな。

北乃杜高校探偵部 (講談社ノベルス)北乃杜高校探偵部 (講談社ノベルス)  著者:乾くるみ
2月3日 なんというか、日常の謎系なのにめんどくさすぎる感じ。

翔ぶ少女 (一般書)翔ぶ少女 (一般書)  著者:原田マハ
2月5日 この内容でまさかのファンタジー!?ファンタジーにしなくてもよかったと思う。
お話自体がすごくいいのに・・・。

テニスの王子様 全42巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)テニスの王子様 全42巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)   著者:許斐剛
2月18日 借りて一気読み。一気といっても一週間ぐらいかかったけどね。これ、中学生じゃないよね、絶対。もう技とかありえなさすぎて笑える。ま、スポーツ漫画ってどれもそういう要素あるか。

美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)   著者:高田郁
2月19日 苦難づくしだった今までの巻。今回は最後に向かって光が見えた感じ。次が最終巻だと思うとさみしいですが、どうなるのか楽しみに待とうと思います。

その手をにぎりたいその手をにぎりたい   著者:柚木麻子
2月22日 バブルの頃のお話、一人の女性があるお鮨屋へ行って、人生が変わる、自分の人生を歩みだす。お鮨を選んだことで、得たものと失ったものがある。でも、青子はいさぎよくて、かっこいい女性だと思う。「ランチのあっこちゃん」でもお料理がなんておいしそうなんだろう!と思ったけれど、柚木さんが描くお寿司の表現は、読んでいるだけで唾が出てきそうになるぐらい美味しそう。青子と一之瀬さんの最後のシーンはすごく良かった。

春、戻る春、戻る  著者:瀬尾まいこ
2月23日 久しぶりに瀬尾さんの本を読んだ。突然現れた10歳年下のお兄さん!という設定は、ファンタジーなのかと思ったけれど、違ってよかったわ。ふんわりした空気の心が温かくなるお話はやはり瀬尾さん。読後感がいい。

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)   著者:三上延
2月25日 お話が進むとともに面白くなってくる。

読書メーター

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

1月の読書メモ

Category : 読書の時間
2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2711ページ

はなとゆめ (単行本)はなとゆめ (単行本)  著者:冲方丁
1月1日 お正月って見たいテレビもないしヒマ。ということで読書です。清少納言の物語。こういう背景があって枕草子は生まれたんだなぁと思うと、学校で習っただけのお話をもっとちゃんと読みたいと思える。権力争いの中で女も生きていくことが大変だった世界。そんな中で中宮定子様の姿は本当に素敵だ。


六条御息所 源氏がたり 一、光の章六条御息所 源氏がたり 一、光の章  著者:林真理子
1月2日 六条御息所の視点から語られる源氏物語。ホント、見る視点によって変わるもんだなぁと。紫の上のくだりなんか、もう変態扱いで、笑える。一・光の章ってことは次があるってこと。もうこれだけでお腹いっぱいですけど(笑


ロスジェネの逆襲ロスジェネの逆襲  著者:池井戸潤
1月14日 半沢直樹の続編。以前読んだんだけど、「俺たちバブル・・・」を読まずに読んだものだから、半沢直樹を見終わってからちゃんと読みたい!と思い再読。いやぁもう痛快。仕事は自分のためにするんじゃなく客のためにする!素晴らしい。本の中でも「倍返し」出てくるのね(笑


ペテロの葬列ペテロの葬列  著者:宮部みゆき
1月18日  これもドラマ化してましたね。「誰か」「名もなき毒」という原作がドラマでは「名もなき毒」になってました。すっかり読んでる間中、主人公の杉村さんが小泉孝太郎さんになってました。そして、読み終わった時、あまりの衝撃に「国仲涼子~!」と叫んでしまった。いや、国仲涼子さんは悪くない。役です、役。途中、ちょっと中だるみするんですが、最後のどんでん返しがすごくて。
さっすが宮部さんと思いました。これって、「誰か」を書いてた時から考えてたのかなぁと思うと・・・何とも切なくてねぇ。


またたびまたたび  著者:さくらももこ
1月21日 unaちゃんからいただいた本。さくらももこさんの文章っていいな。思わずぷぷっと笑ってしまう。こういうゆる~い旅してみたい。貧乏性なもので、旅をするとここも!あそこも!とつめこんでしまうので。


エンキョリレンアイサンカクカンケイレンアイケッコンエンキョリレンアイ  著者:小手鞠るい
サンカクカンケイ   著者:小手鞠るい
レンアイケッコン   著者:小手鞠るい

1月23日~25日 エンキョリレンアイ3部作。これもunaちゃんからもらった本達。
以前読んだことあるんだけど、1冊1冊を間隔を空けて読んだので、つながっている物語だということを初めて知りました。あ、主人公もお話も別なんだけどね。
しっかしね~。どうもね~。さらっと読めますけどねぇ。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

12月の読書メモ

Category : 読書の時間
間をあけてしまいました。
いろんなことがバタバタしていて、あとはPCを使うことがめっきり減ってしまったためスマホでブログアップはしにくいな~と、めんどくさがっての未更新。
所詮はめんどくさがりだな、私。

2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:605ページ

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)  著者:大沼紀子
12月11日
ちょうどNHKでドラマもやってたまよパン。主人公の希実役の土屋太鳳ちゃん、かわいい。鈴木先生に出てた子だ!クレさんは小説ではものすごくおじさんぽい印象だったのでタッキーっていうのが違和感ありましたが。

ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) (ミステリ・フロンティア)ようこそ授賞式の夕べに (成風堂書店事件メモ(邂逅編)) (ミステリ・フロンティア) 著者:大崎梢
12月12日
大崎梢さんの今までの書店物に出てくるキャストが大集合!ということで、ガヤガヤしてるイメージ。


読書メーター

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

11月の読書メモ

Category : 読書の時間
2013年11月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:784ページ

夏の終り (新潮文庫)夏の終り (新潮文庫)  著者:瀬戸内寂聴
11月7日 満島ひかりさん主演で映画化するという番宣を見て、読みたくなりました。
満島ひかりさん、小林薫さん、綾野剛さんというキャストを思い浮かべながら読むと、あまりにもしっくりとしていて切なく感じました。でも小説だけ読んだらおそらく重~い暗~い話だと思っただろうと思います。

甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺  著者:田牧大和
11月21日 「みをつくし料理帳」シリーズを彷彿とさせる、和菓子版!?なイメージ。
好き系です。

天使の柩 (天使の卵)天使の柩 (天使の卵)   著者:村山由佳
11月23日 若かりし頃に読んだ「天使の卵」から早十数年。「天使の梯子」に続く最終作。なんとな~く前2作のことは覚えているけれど、もう一度読んでからこの「棺」を読めばよかったわ。しっかし「卵」に関して言えば昼ドラなみのお話だったのね。。。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

10月の読書メモ

Category : 読書の時間
2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:386ページ


祈りの幕が下りる時  著者:東野圭吾
10月20日 図書館
「新参者」「麒麟の翼」に続く、日本橋・加賀刑事のシリーズ。加賀さんがなぜ日本橋という町にこだわったのかが解明される。東野さんの時事にもからめた何十年にも及ぶ謎 というのは、「幻夜」を思い出させる。麒麟の翼のように悲しい話です。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 箕面情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 豊中情報へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

9月の読書メモ

Category : 読書の時間
2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1701ページ

キュンとしちゃだめですか?  著者:益田ミリ
9月6日 益田さんのキュンポイントはいろんなところにあって、こんなたくさんあったらさぞや毎日が楽しいだろうな~なんて思ってしまう。最後の漫画、キュン機能はなぜあるのかっていうのが面白かったなぁ。


政と源  著者:三浦しをん
9月12日 主人公の国政と源二郎は70歳越えの幼馴染。
元銀行員で真面目に堅実に生きてきたおかたい性格の国政は、妻の家出・子供や孫と疎遠であることに悩む。
つまみ職人という職を持ち、今も現役で弟子から慕われて仕事をしている自由人、源二郎の性格は破天荒で、髪の毛をいろんな色に染めているが、妻には先立たれ、一人暮らし。
国政は源二郎をうらやみ、憎まれ口をたたいたりすねたりするけれど、それでも長い人生を一緒に過ごしてきたところから来るのであろう、絶妙な距離感がいい。
「まほろ駅前多田便利軒」の熟年版って感じ!?


「つまみ簪」ってどういうものなんだろう?と思って調べてみました。
美しいです。

  



銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)  著者:高田郁
9月15日 大好きなシリーズ「澪つくし料理帳」シリーズの作者さんの作品です。
江戸時代、火事で焼けてしまった天満宮の修繕費用として用立てた大金、銀二貫。
和助は目の前で起こった仇討をその銀二貫で買ってしまう。そこから始まるお話。

始末、才覚、神信心ーーこの三つは、大坂の地で商いをする者にとって、日々の要となる大切な心がけであった。収支を計って身を慎み、知恵を絞るだけでは、ひとかどの商人とは呼べない。神仏に感謝する気持ちがあって初めて、真の大坂商人と呼べるのである。

銀二貫が人をつなぎ、めぐりめぐって人を幸せにする。
お金の使い方とはこうあるべきだなぁと思わせてくれる作品。
いつもながら、高田さんの小説に出てくるお料理は思い浮かべるだけで美味しそうなのです。


ようこそ、わが家へ (小学館文庫)  著者:池井戸潤
9月16日  日曜日のドラマ「半沢直樹」を見た後、日曜の夜に読み始めた池井戸さんの小説。
登場人物が銀行から出向になった男性っていうだけで、「半沢直樹」のテーマ曲が、頭の中をリピート。→ YOU TUBE

といっても、半沢さんとは全く違う、普段は気弱な主人公。
帰宅途中、電車に割り込みしてきた男性に注意をしてしまったために、家がストーカー被害にあう。会社でもなにやらきな臭い不正に気付いてしまう。
5億の融資自己(半沢さんの話ね)のような大きな規模の話ではないけれど、自分の身にも起こりそうなちょっとしたトラブルが重なっていく厄介さと怖さ。
よりリアルな感じがしました。

池井戸さんの小説は「空飛ぶタイヤ」ではまって以来けっこう読んでいたんだけど、半沢直樹の原作である「俺たちバブル入行組」は読んでなかったのです。
前に働いていた会社でバブル世代との金銭感覚の違いみたいなものをとっても感じていて、「バブル」と名のつく題だけで、なんだか読む気になれなかったのが原因。
それで、「半沢直樹」のその後にあたる、「ロスジェネの逆襲」は読んでいたんだけど、それが実は「バブル」の続きであることを知らなくても全然楽しく読めてしまったので、半沢直樹の流れとしては認識できていませんでした。もう一回読もうと思って図書館で予約をしたら70人待ちだって。いつ読むことができるんだろう。



昨夜のカレー、明日のパン  著者:木皿泉
9月22日  7年前に夫をなくした若い妻とその義父が一軒家に住んでいる、という風変わりな設定。その妻の彼氏や、亡くなった夫のいとこなど、周りの人とのかかわりの中で、夫の死をゆっくりと受け入れて行く。ゆったりとした不思議な空気感のあるお話でした。



世界から猫が消えたなら  著者:川村元気
9月28日 本筋とは全く関係ないのですが、「世界から携帯が消えたなら」の章がよかったです。最近、昔は携帯がなくても仕事ができていただろうに、携帯があるせいで休日まで連絡が取れてしまうことはどうなんだろう?と感じていたので。いつでもどこでも連絡がとれることが当然というのははたして幸せなんだろうか。でもそういう便利ツールのおかげで一度疎遠になった人と再会することができることもあるし、ものに使われずに使いこなせるようになりたいと、全く本とは関係ないことを思うのでした。

テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

lily-clover

Author:lily-clover
☆大阪中心のおいしいお店訪問記
 ★かわいいカフェが好き。
 ★おいしいランチを食べると幸せ。
 ★たまにはモーニング。
 ★ごくたま~にちょっと豪華なディナーも。
☆大人かわいい旅行記
☆1年1山をめざす、ゆる登山日記

お願い
お店の情報はブログ投稿時のものですので、変わっている可能性があります。正しい情報はご確認下さい。 写真の転載はご遠慮下さい。 リンクフリーです。 リンクしていただける時にコメントいただけると嬉しいです♪
カウンター
since 2012.01.02
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
近畿地方
26位
アクセスランキングを見る>>
おすすめ!
カレンダー 月別アーカイブ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
地域カテゴリー
人気ページランキング
タグ

水辺のお店 神社・お寺 交通・道の駅 自然 カフェ 和食 お城・遺跡 緑に囲まれたお店 おうちごはん フレンチ・イタリアン スイーツ・パン 町あるき テーマパーク キャラクター 魚介類 ハワイ 建築・イルミネーション レトロビルにあるお店 ランチ 家づくり・インテリア・整理収納・断捨離 中華・韓国・エスニック 和食・居酒屋 アート・美術館・博物館 うなぎ フルーツ 美術館・博物館 お宿・温泉 麺類・粉モノ バーベキュー・ハイキング パワースポット ご来光 レストラン ライブ 映画 花火 朝食 ルクア モーニング 梅田 博物館 音楽 町並み CITTA手帳 北海道 ヨガ 洋食 スープカレー カレー フレンチ 和菓子 将棋 公園 イタリアン 懐石 中華 焼肉 薬膳 スペインバル ベーカリー ビュッフェ パン食べ放題 肉バル 紅茶  中華料理  激辛 ラーメン 気球琵琶湖  美術館 釜飯 スイーツ バウムクーヘン 建築  グランフロント スペイン料理 パエリヤ バル 海鮮 パンケーキ 野菜 そば お寺 観光地 湯葉 ハイキング 貴船 登山 鞍馬 神社 オリーブオイル うどん 堺筋本町 サンドイッチ 北浜 中之島 水都大阪 アクロヨガ アウトドア 唐揚げ 本屋 鶴橋 空庭Dining 江坂 長野県 諏訪湖 ワイン ビール スパイス スリランカ料理 隠れ家 バー 果物 山荘 パン アイス お刺身  お寿司 新大阪 珈琲 お菓子 ベジタリアン ローフード ローケーキ マクロビ 豊中 新玉ねぎ 玉ねぎ 空豆 旬のもの 梅酒 梅干 ガレット クレープ 洋風おでん ホワイティ梅田 おでん クリームパン 山田 吹田市 イタリアンバル ナポリタン パスタ コーヒー アップルパイ 服部天神 箕面 ステーキ 日替 中崎町 ポテサラ お土産 丸ビル 熟成肉 ウメキタ 屋台 夕日 インテリアショップ タルト 松山 母恵夢 愛媛 団子 鯖江 福井県 眼鏡 福井 めがね ミュージアム バンコク タイ 食堂 福島 フランス菓子 芦屋 韓国料理 オムライス 西宮 リゾート 温泉 温泉卵 空港 仙台 飛行機   富士山 チョコレート ドライフルーツ チョコ 本に出てくる料理 ブロッコリー トレーダージョーズ 海外土産 ホームパーティー ドミノピザ ピザ 旅行 南国 インド料理 本町ランチ 景色 夕陽  展望台 甲陽園 ツマガリ タイ料理 アユタヤ ドンムアン空港 マッサージ 女子旅 スパ シーチャン シーチャン島 観光 ワット 世界遺産 自転車 アジアティーク マンゴー 市場 関空 エアアジア LCC アジア 京都 京都タワー お鍋 ホームパーティ 居酒屋 お酒 ふぐ 手土産 クッキー ナッツ マシュマロ 手作り 豊津 リーズナブル 寿司 朝活 引き寄せ チーズケーキ ケーキ JR 鉄道 ラテアート ウメキタフロア お好み焼き バーベキュー つけ麺 断食 ビンゴ 断捨離 ハム 黒豆 お肉 フグ  箕面の柚子 ロールケーキ 柚子 エキスポシティ フチ子 大阪 ビストロ 太陽礼拝 わらび餅 南青山 東京 東京土産 まめ アサナ 朝日 外ヨガ 朝陽 みかん アート  クリスマスの約束 忘年会 持ち寄りパーティ キーマカレー コロリアージュ 塗り絵 巻き寿司 クリスマス デコ巻き ステンドグラスクッキー 話題のレシピ 大阪モノレール沿線 小路 豊中市 ロマンチック街道 岸辺 飲む 正雀 飲み放題 シンクロニシティ 食べ放題 整理収納アドバイザーのお仕事 メンタル 収納 お片づけ 感謝 言葉 ウルフルズ ジブリ 廃墟 瞑想 簡単料理 阪急電車北千里線 アウトレット 心斎橋 竜王 滋賀県 体調管理  北欧 健康 M会 懐石料理 献血 ダスキン 緑丘 洋食・定食屋 万博公園 景色がいい 北大阪急行沿線 千里中央 マフィン ヨーグルト 発行食品 居酒屋・お酒 古民家のお店 収納・片づけ お肉・ステーキ インテリアショップ・雑貨屋さん お米・ごはん・おにぎり 健康的 野菜・フルーツ お気に入り写真 かわいい料理 プリン ビュッフェ・食べ放題 モニター イベント ナン 唐松岳 北アルプス  キャンプ 名古屋 ヤッサ フレンチトースト 天六 思ったこと 博多 めんたいこ カツサンド 健康・コスメ 断捨離・収納 景色のいいお店 こだわり食材 パラダイス・B級面白スポット ワークショップ・工場見学 セール・アウトレット・100均 緑に囲まれたお店 パワースポット 台湾 コスメ 横浜 鎌倉  青春 ゴディバ 伊勢 伊勢うどん 

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
吹田 レストラン
旅行口コミ情報
QRコード
QR
RSSリンクの表示